鋼矢板の引抜きはサイレントパイラーか?バイブロハンマーか?

Sponsored Links

 

鋼矢板を引き抜くときに気になるのは「地盤の沈下」である。

 

鋼矢板を引き抜くときは当然地層にもよるけど、
一緒に土がくっついて地上まで上がってくることが多い。
もともと地下にあった土が地上まで上がってくると言うことは
地中に空隙が発生してしまうことになる。

 

一般的には水締めを行うことにより空隙を無くすのだけど
粘土質の地層であれば水締めの効果が出ないこともある。
すると、じわじわと地盤が沈下していく。

 

そこで

地盤を沈下させない為にはどのようにすれば良いか?

 

だけど

私は今まで2通りの考え方に出会った。

 

1つは

引き抜くときに出来るだけ土を付着させ無ければ良い。
という考えに基づいて、鋼矢板に振動を掛けながら
地盤との縁を切りながら引き抜くという考え方。

 

よって

バイブロハンマーで引き抜くという考え方。

 

もう1つは

街中で地盤沈下の影響が出ないようにバイブロハンマーで
引き抜くと苦情がくるから、やっぱり水締めしながら
サイレントパイラーで引き抜くという考え方。

 

結局

私はこの2つの考え方に優劣はつけられない。
現場によって、近隣家屋との距離や様々な状況、
また地層によっても結果は異なってくるはず。

 

その中で、地層にもよるかもしれないけど、
私が鋼矢板に高周波の振動(パルソニック)で
引き抜いた時は、思ったより土が鋼矢板について
地上に上がってきたな~。

「これならサイレントパイラーで抜いても一緒やん」

と感じた記憶はあるよ。
あくまでも個人的な感想だけどね。

 

つまり

鋼矢板の引抜きはサイレントパイラーか?バイブロハンマーか?
については、

鋼矢板の引き抜きによる地盤沈下の影響を出来るだけ
最小限にとどめたい場合にはバイブロハンマーのように
振動を与えることによって鋼矢板に土を付着させずに
引き抜いた方が良いと考える人が存在するし、
いやいや街中でバイブロハンマーなんてもってのほかだから
サイレントパイラーで引き抜くべきだよ。と考える人もいる。

 

どちらが正解とはハッキリ言ってケースバイケースなので
何とも言えないけど、発想が凝り固まってしまうよりは、
常に選択肢を持っておくのは非常に重要だと感じるよ。

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 荷受構台で忘れてはいけない3つのポイントとは?

  2. 足場の積載荷重は何を基準に決まるのか?建枠か?鋼製布板か?

  3. 特殊車両の前後に誘導車を付けなければイケない意外な理由とは?

  4. 梁筋のカットオフ位置は、なぜ下端筋の方が5d長いのか?

  5. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(9)

  6. スラブ配筋を描いて!と言われてつまずきやすい3つのポイントとは?

  7. 建設工事計画届の作成のポイント【杭打設計画図】

  8. 施工計画書の裏柄!施工要領は5W1Hが大事!?

  9. 独立基礎の基礎と地中梁は何故レベルが違うのか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. コンクリート工事の施工計画書の本音と裏側(4)

    2020.07.06

  2. コンクリート工事の施工計画書の本音と裏側(3)

    2020.07.03

  3. コンクリート工事の施工計画書の本音と裏側(2)

    2020.07.01

  4. コンクリート工事の施工計画書の本音と裏側(1)

    2020.06.29

  5. ルート間隔がなぜ溶接継手で初層部の欠陥を無くすために重要なのか?

    2020.06.26

  1. 在宅勤務になり建築現場に配属されない時の学習方法は?という悩み

    2020.04.20

  2. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  3. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  5. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ