建築現場のクリーニングで私がいつもチェックするポイントとは?

Sponsored Links

 

建築現場が仕上がって来ていよいよ検査。
というタイミングになると登場するのが美装屋さん。

彼らが現場をいかに綺麗にクリーニングするかで
検査の印象がガラリと変わる実に重要な仕事である。

 

特に

マンションの現場では、お掃除に目の肥えた奥様が
厳しく現場をチェックして回るので気合いを入れて
おかなければならない工種である。

 

そこで

私も現場で自主検査を行うのだが、清掃に関しては
いつも「隅」や普通の視線では見えない「裏側」を
重点的にチェックを行う。

 

なぜなら

綺麗に掃除をしているように一見感じるが、
隅まできちんと綺麗に掃除をしていないと、
見る目の肥えた人のチェックには耐えられないから。

「あらっ、ここも汚れているよ」

と重箱の隅をつつくような指摘を散々受けてきたから。

 

だから

最初に大抵行うサッシのクリーニングの時点で、
隅まで気を使って清掃をしていない場合は、
必ず「しっかりと隅まで綺麗にしよう」と伝えている。

 

結局

最後の検査で大変な思いをするのは目に見えているので、
事前にトラブルは私も作業員さんも避けておくに越したことはない。

 

そして

普通にチェックすると見えないような裏側まで
きちんと清掃をする人にはプロ意識を感じる。

まあ、ある意味やって当たり前だとあなたは感じるかも知れないけど、
あなた自身がチェックをするときに、裏側までしっかりと
確認しているだろうか?

7割くらいの人は、チェックしていると答えて欲しいが、
きっと、3割くらいの人は面倒くさがってやっていないはず。

 

それは

社内検査などで他の現場に行くと良く分かる。

 

要するに

同じ仕事をするならきちんとプロ意識を持った人と
一緒にしたいなという願望かな。

 

更に

私の経験上、隅や裏側まできちんと掃除してくれる人は、
普通に目につくところは大抵綺麗にしてくれている。
そんな、プロ意識を持った人が非常に多いと感じるよ。

 

つまり

建築現場のクリーニングで私がいつもチェックするポイントとは、
とにかく「隅」をチェックすることである。
隅まで綺麗に出来る人は、普通のところもしっかりとしている。

 

だから

皆が見逃しがちな隅や裏側を優先的にチェックしているんだよ。
私のこの考え方はこちらの記事にもつながるんだろうな。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 場所打ち杭の検尺って本当に当てになるのか?という疑問

  2. ロングスパンエレベーターに関する私が目撃した危険な情景とは?

  3. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(2)

  4. 試験杭で想定地盤と違っていたらどうする?支持層より高い場合(1)

  5. 梁の主筋の定着はただ直線で必要長さが確保できていれば良いのか?

  6. 既製コンクリート杭の施工計画書には何を記載すべきか?(2)

  7. 揚重計画は現場を運営する上で最重要ポイントであるという理由

  8. 建築現場の土工事で床付け検査を行う時に確認すべき項目とは?

  9. 足場の風荷重の算定方法とは?(1)設計風速の算定

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仮設構造計算ソフトを暫定的に次世代足場に対応しました

    2019.08.12

  2. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  3. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  4. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  5. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ