建築現場のクリーニングで私がいつもチェックするポイントとは?

Sponsored Links

 

建築現場が仕上がって来ていよいよ検査。
というタイミングになると登場するのが美装屋さん。

彼らが現場をいかに綺麗にクリーニングするかで
検査の印象がガラリと変わる実に重要な仕事である。

 

特に

マンションの現場では、お掃除に目の肥えた奥様が
厳しく現場をチェックして回るので気合いを入れて
おかなければならない工種である。

 

そこで

私も現場で自主検査を行うのだが、清掃に関しては
いつも「隅」や普通の視線では見えない「裏側」を
重点的にチェックを行う。

 

なぜなら

綺麗に掃除をしているように一見感じるが、
隅まできちんと綺麗に掃除をしていないと、
見る目の肥えた人のチェックには耐えられないから。

「あらっ、ここも汚れているよ」

と重箱の隅をつつくような指摘を散々受けてきたから。

 

だから

最初に大抵行うサッシのクリーニングの時点で、
隅まで気を使って清掃をしていない場合は、
必ず「しっかりと隅まで綺麗にしよう」と伝えている。

 

結局

最後の検査で大変な思いをするのは目に見えているので、
事前にトラブルは私も作業員さんも避けておくに越したことはない。

 

そして

普通にチェックすると見えないような裏側まで
きちんと清掃をする人にはプロ意識を感じる。

まあ、ある意味やって当たり前だとあなたは感じるかも知れないけど、
あなた自身がチェックをするときに、裏側までしっかりと
確認しているだろうか?

7割くらいの人は、チェックしていると答えて欲しいが、
きっと、3割くらいの人は面倒くさがってやっていないはず。

 

それは

社内検査などで他の現場に行くと良く分かる。

 

要するに

同じ仕事をするならきちんとプロ意識を持った人と
一緒にしたいなという願望かな。

 

更に

私の経験上、隅や裏側まできちんと掃除してくれる人は、
普通に目につくところは大抵綺麗にしてくれている。
そんな、プロ意識を持った人が非常に多いと感じるよ。

 

つまり

建築現場のクリーニングで私がいつもチェックするポイントとは、
とにかく「隅」をチェックすることである。
隅まで綺麗に出来る人は、普通のところもしっかりとしている。

 

だから

皆が見逃しがちな隅や裏側を優先的にチェックしているんだよ。
私のこの考え方はこちらの記事にもつながるんだろうな。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 鋼矢板が施工を苦手とする地盤は砂質層、粘土層、礫層、それとも?

  2. 溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

  3. 隅柱や側柱において3次元的に考えるべき納まりとは?

  4. 耐圧盤付きの地中梁を2回に分けて打設する場合に失敗しがちな例とは?(1)

  5. 溶接金網の基本事項と私がやりがちなたった1つの失敗とは?

  6. 構造図の配筋は見上げか?見下げか? 躯体図との違いとは?

  7. 鉄筋のスペーサーは縦向きか?横向きか?充填性と強度の矛盾について

  8. クレーンの点検記録は確実に残しておくべき理由とは?

  9. 腹筋があばら筋の外側に配筋されていたら間違いなのか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. 現場で余ったコンクリートは廃棄されるのか?リサイクルされるのか?

    2020.09.23

  2. 生コン工場へコンクリートを発注するときに伝えるべき内容とは?

    2020.09.18

  3. 生コン工場があなたの希望通りに選べない協同組合制度とは?

    2020.09.16

  4. コンクリート内の塩化物が嫌われる理由と、含有量を引上げる要因と…

    2020.09.14

  5. コンクリートの配合で1番重要なのは水セメント比!?

    2020.09.11

  1. 一級建築士の資格勉強を始める時期はいつからか?という悩み

    2020.08.07

  2. 在宅勤務になり建築現場に配属されない時の学習方法は?という悩み

    2020.04.20

  3. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  4. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  5. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ