鋼管杭の特徴とは?既製杭や場所打ち杭に比べてどうなの?(1)

Sponsored Links

 

既製コンクリート杭や場所打ちコンクリート杭の経験はあっても
鋼管杭の経験は無いという人は意外にも多いのではないかな?

 

ちなみに

私も鋼管杭の経験は1度しかない(笑)。
だけど、全くやっていない人よりは分かると感じるので
今回は、鋼管杭の項も設けることにした。

 

では

鋼管杭って、なぜ採用数が少ないのだろう?

 

そこで

私の考える最大の理由は「コスト面」である。

 

なぜなら

建物を設計する場合の最も重要な項目が「コスト」だから。
お客さんによっては、「いくら掛かっても良い」という人も
まれにはいるかも知れないが、9割のお客さんは
「コストは安く、品質は高く」を希望している。

 

そこで

必ず行われるのが異なった工法のコスト比較である。
鋼管杭の場合であれば、既製コンクリート杭や、
場所打ちコンクリート杭などが比較対称である。

 

そして

主に3つの工法のうち一番コストの掛からない工法が選ばれるが、
現場によっては施工性も考慮されることもある。

 

つまり

コストの高い工法は、それだけあなたの前に出てくる
可能性が低くなるのである。実際に、私が経験した現場も
鋼管杭の関連している会社の施設で、コストは関係なく
「鋼管杭ありき」の現場だったよ。

 

ついでに

鋼管杭の特徴のうち、デメリットから先にお伝えしていこう。

 

まずは

当たり前だけど「鉄は錆びる」ということである。

 

だから

腐食に対する耐性の検討を必ず行わなければいけない。
実際には実証実験などで立証されているとは感じるので
現場で改めて同行する必要は無いと感じるけどね。

 

ちなみに

余談ではあるが、最近の橋梁の橋桁部分に使われている
鉄骨は塗装されていなくて、事前に錆が出た状態で使われている。
錆止め塗装、仕上げの塗装をすると、年数が経つに連れ塗装が
剥がれてくるのでメンテナンスが必要なのに対して、
鉄が錆びたままの状態で塗装をしていないとメンテンスフリーである。

 

しかも

実験で、一定量の錆が出ていればそれ以上は進行しないらしい。
詳しいことは知らないが、そういう理論で茶色の橋桁が一般的になっている。

 

 

2つ目は

大口径で薄肉の鋼管は,局部座屈を生じることがあること。

場所打ちコンクリート杭は中までコンクリートが充填されている。
既製コンクリート杭に関しても杭径に対して一定量の肉厚がないと
コンクリートとしての力学的な効果を発揮しない。

 

しかし

鋼管は、場所打ちコンクリート杭や既製コンクリート杭に比べ
圧倒的に肉厚が薄いのが現状である。

 

これは

ある意味、メリットでもあるが大口径になればなるほど
「ペラペラ」の杭になってしまうので、局部座屈が起きやすい。

 

そこで

杭径に合わせて肉厚が上がっていくのであるが、
肉厚が上がると飛躍的にコストも上がっていく。
という訳で、余計コスト面から採用されなくなってしまう。

 

 

3つ目は

先端開放形の打込杭では,支持地盤への根入れが
十分でないと支持カが低下する場合があるということ。
建築工事監理指針(平成28年版上巻) [ 国土交通省 ]」に書いてあるが、
現場に関係ないので、すっ飛ばしてもOKである。

 

この先長くなるので、今回はデメリットまで。
次回はメリットについてお伝えするよ。

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 施工計画書と施工要領書と作業手順書の違いを理解しているか?

  2. 梁の主筋の定着はただ直線で必要長さが確保できていれば良いのか?

  3. 鉄筋材料を役所の数量以上に発注していないというトラブルの原因とは?

  4. ガス圧接施工計画書の本音と裏側(2)

  5. ねじ節鉄筋と通常の異形鉄筋の用途の違いと継手方法とは?

  6. 溶接金網の基本事項と私がやりがちなたった1つの失敗とは?

  7. 防湿層は埋め戻してから敷けば良いのか?断熱材を割らずに敷くには?

  8. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

  9. 高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仮設構造計算ソフトを暫定的に次世代足場に対応しました

    2019.08.12

  2. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  3. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  4. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  5. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ