明渠・暗渠は意外に便利。水の原理を利用して効率化するコツ

Sponsored Links

 

明渠とは、簡単に言うと目に見えて分かる側溝のこと。
暗渠とは、明渠が土の中に埋まっていて見えなくなっている状態。

 

つまり

明渠の具体例としては「素掘り側溝」などがあり、
暗渠の具体例としては「有孔管を地中に埋設」などがある。

この明渠や暗渠が便利な理由は「水を自動的に集めてくれること」
特に、水平距離の長い敷地なのでは、釜場を設けてもノッチタンクまで
運ぶ経路を別途計画しなければいけない。

 

しかし

勾配が無くても素掘り側溝さえ掘っておいて、1ヶ所釜場を設置すれば
釜場から排水することにより素掘り側溝上に溜まっている水が
自動的に釜場に向かって流れ出すから非常に便利である。

 

まさに

水が「水平」になるという原理を利用するとこんなに楽なんだ。
といつも実感している。

 

というのは

私は過去に「素堀り側溝」を設置しておけば良かった。
と後悔した経験があるからだ。

その時は、地下水も出てこなかったので、掘削時の排水設備を
全く整えていなかったのだが、度重なる夕立で現場が
よく冠水してしまったのである。

 

そこで水中ポンプを使って排水するのだけど、
ノッチタンクまでの距離が長く水中ポンプを移動したりすると
とても大変だった記憶がある。

 

しかも

水中ポンプを増設すると、ノッチタンクまでの長いホースが必要となり
全く経済的では無かったのだ。

 

あとから

冷静に「素堀り側溝でも掘れば良かったのに」と言われ
「確かにそうだった!バタバタして思い付かなかった!」

と反省した記憶がある。

 

だから

あなただけは、私の失敗を教訓にして欲しいな。

 

特に

水中ポンプの設置台数が増えた場合はもろに影響が出る。

「もう、勘弁してよ~」

と心のなかでよくつぶやいていたものだ。

 

つまり

明渠・暗渠は排水の為の溝を設置して排水する工法であるが、
敷地の広い現場などで素掘り側溝を設置しておくと水平方向は
ポンプなどの機械を設置しなくても水平移動が出来るので非常に便利。

水平と言われるように水はまっすぐになろうとする性質が有るので
あなた自身が水中ポンプの管理をしなくても良いから省力化になるね。

こんな悲劇にはなりたくないだろうし。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 2
Sponsored Links


banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 再生砕石が余ったり仮設で使用後に搬出するのは産業廃棄物か?残土か?

  2. 仮設機材は認定品か?整備は?適用工場とは何か?

  3. 鋼管杭の材料検収で罠が仕掛けてあるならココ!をチェック

  4. 既製杭は打設順序はなぜ番号順でなく飛び飛びに打設するのか?

  5. 配筋検査の時期と内容について伝えておくべきこととは?(2)

  6. 山留め際にレッカーを据えることが出来るか?構造計算と上載荷重

  7. 場所打ちコンクリート杭で私が大変だと感じる事とは?

  8. 杭頭補強筋の溶接長さに関して構造上いつも迷う事とは?

  9. 場所打ちコンクリート杭の品質の要!スライム処理とは?

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    日々拝読させて頂いております。現在ようやく中堅になった歳ですが、現在マレーシアの現場にて雨季対策におわれており、全てが後手に回ったツケで四苦八苦しています。
    このブログは機械屋の私には土木関連は特に目から鱗の内容が多く、今後もお世話になることがあるかと思いますので、お忙しい中とは思いますが更新を楽しみにしていますのでよろしくお願いします。

    仮設の排水に日々追われる機械屋より

    • 鉄さん。
      コメントありがとございます。

      へ~、今マレーシアの現場なんですね。ビックリです。
      マーレーシアからでも読んでもらえるってとってもうれしいです。
      お仕事これからも頑張ってくださいね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 異形鉄筋の公称直径・公称断面積・最外径と並んで重要な○◯とは?

    2017.11.03

  2. 鉄筋を現地で判断する最終材料、ロールマークと表示色とは?

    2017.11.01

  3. 高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは?

    2017.10.30

  4. 中途入社で1年目だと専門用語や業界の常識が分からないという悩み

    2017.10.27

  5. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

    2017.10.25

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー