場所打ちコンクリート杭の最大のメリットと昨今の品質問題について

Sponsored Links

 

数年前の杭の偽装問題の根本的な問題は
「杭が支持層に到達していなかった事」。

 

では

現場でどのように管理すれば「支持層に到達した」
という事が確認できるのだろうか?

 

そして

杭打ち機の電流計が壊れていてデータが取れていなかった
場合には、どのような対処方法があるのだろうか?

 

そこで

今回は、場所打ちコンクリート杭(アースドリル工法)の場合の
管理のポイントをお伝えするのだが、既製コンクリート杭とは違い
実は管理しやすいし証拠も作りやすいのだ。

 

では、早速始めていこう。

 

まず

既製コンクリート杭(プレボーリング埋設工法)と比べて、
場所打ちコンクリート杭(アースドリル工法)の場合は、
杭孔を構築するための掘削土を全て排出するという特徴がある。

 

つまり

全ての掘削土を地上まで排出することにより、各層の土質を
目の前で確認することが出来るのである。

 

だから

支持層に達した時点においての電流計の数値と共に、
支持層の土質の「礫」を目視にて確認を行う事が出来る。

 

そして

支持層まで掘削した証拠として、「掘削深度」を黒板に記入して
排出した「礫」と共に「写真」を撮影しておけば、もしも電流計の
データにトラブルが発生したとしても、「証拠写真」にて説明できる。

 

この「証拠写真」については、既製コンクリート杭では杭の掘削時に
土を「排出」ではなく「水で撹拌」しているので採用出来ないのだ。

その点においては、場所打ちコンクリート杭のほうがトラブルが
たとえ起こったとしても「逃げ道」が作りやすいのだ。

 

もしも

あなたがいちいち「面倒くさい」と感じていたとしても
竣工後にトラブルに見舞われる苦労に比べれば、
施工中のほうが100倍楽だと私は感じるよ。

 

それだけ、支持層が「目視」出来るということは
目に見えない場所を施工する工種において、
「安心できる材料」であることは間違いないよね。

 

つまり

私が考える場所打ちコンクリート杭の最大のメリットとは、
「支持層の土質が目視できる」ということである。

誰が見ても礫が多く混じっていていて、土質標本と同じ状況であれば
「間違いなく支持層だ!」と自信を持って言うことが出来るからね。

 

では

既製コンクリート杭の場合はどうなのだろう?
と気になったあなたはこちらがオススメ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 特殊車両通行許可って何?25tラフタークレーンは日中走れないの?

  2. 杭工事の施工の品質確保について考えて置かなければいけないこと

  3. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(鋼材の種類、製造方法編)

  4. アースドリル工法の掘削孔壁は崩壊していないのか?を確認する方法とは?

  5. 錆びた鉄筋の表面状態でコンクリートが打設可能なのか?

  6. 地下水位の高い現場で山留めを計画する時に留意すべき事とは?

  7. 試験杭で想定地盤と違っていたらどうする?支持層より高い場合(2)

  8. 鋼矢板で先行掘削をした時の私の犯した過去の失敗例とは?

  9. 建築現場の土工事の埋戻し時の注意点とは?(1)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  2. 地中梁の打ち増し部の鉄筋の端部は定着する必要があるのか?

    2018.09.19

  3. レーザー墨出し器はグリーンレーザー良いと聞くけど高額では?とい…

    2018.09.14

  4. 隅柱や側柱において3次元的に考えるべき納まりとは?

    2018.09.12

  5. 柱と梁が同面でも勝手に配筋をしてはイケない理由とは?

    2018.09.10

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (281)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー