新しい仕事を任されたが進め方がチンプンカンプン!秘訣を伝授!

Sponsored Links

 

新しい環境や立場になると当然新しい仕事が舞い込んでくる。
周りの皆は当然のように分かっているけど、
自分だけチンプンカンプン!

 

先輩から

「(説明)……だから。分かったかな? 何か質問有る?」

と聞かれても、有るわけ無いよね。

 

9割の人は質問が出て来ないか
超簡単な質問しか出来ないと感じるよ。

 

なぜなら

分からない所が分からないから。

 

例えば

私は18歳の時に膝の半月板損傷の手術をした。
手術の際に、全身麻酔を掛けることになっていたのだが
私は全身麻酔なんて掛けられたこともないし、
事前に予備知識を勉強することも無かった。

 

だから

看護師さんに
「不安なこと無い?」

と聞かれた時に、いつも

「特に無い」。

と答えていたのだけど、当然である。
何が不安なのかさえも分からなかったから。

 

なので

看護師さんは、
「あ~不安じゃないんだ~」。
みたいな感じで対応してくれていた。

 

そして

手術の当日。

看護師さんの口から衝撃的な言葉が飛び出す。

「今から浣腸をしますね」

「へっ?」

 

「いや、全身麻酔だから浣腸して腸の中を
綺麗にしておかないと、全部出て来ますよ」

「えっ、イヤ~。聞いてないんですけど……」

 

「でも、昨日は特に不安なことは無いって…」

「まさか、浣腸有るなんて知らなかったので…」

 

「はぁ、そう言われてもね~」

といくらあがいても、
やらなくちゃいけない事はやらなくちゃいけない。

 

ということで、
まだ思春期で恥じらいもあった頃の私にとっては
衝撃の体験をしたのだ。

 

それから

手術が終わって目が覚めた時には
尿道に管が刺さっている。

「え~、マジかよ。そんなの聞いてね~」

と後悔しても時既に遅し。
その後2日間くらいは管が刺さりっぱなしで
看護師さんが交代で様子を見に来ていたよ。

 

あの時は恥ずかしかったな~。

と、例え話がかなり脱線してしまったけど

 

結局

「事前に確認しておくことの大切さ」

「相手にとっては、いつもの常識的なこと」でも
「初めての人にとっては分からないこと」。

が非常に大事。

 

だから

分からなくても、まずやって見ることが大事。

自分で経験して初めて分かる事が有るし、
疑問も湧かないし、思い通りにいかないことも有る。

 

不安な点や、疑問点が事前に出てくるのは
一度失敗したあとの2回目からだよね。

 

失敗や痛い目に遭って初めて

「あの時失敗したから、今回はどうなんだろう?」

「次は失敗しないぞ」

「前回揉めた所は事前に打合せをしておこう」

ということが出来るのだ。

 

すなわち

初めての仕事には失敗はつきもの。

自分だけの力で予見することなんてほぼ無理。

本気で取り組まずに中途半端だと、
失敗の痛さを感じないから同じ失敗を何度も繰り返す。

 

みんな一度は通る道だから安心して失敗しよう。
下手に失敗を怖がっていたら、
次の現場で「もっと大きな失敗」をしてしまうかも知れない。

 

何事も最初が肝心なので
全力で取り組んでいこうね。

 

つまり

始めての仕事でやり方が全くわからない場合は
とにかく、分からなくても「やってみよう」。

実際にやってみないと、「何がわからないか?」
が分からないと感じるから。

 

更に

せっかく、やり始めたのなら最後までやり切ろうね。
やり切る力についてはこちらを是非合わせて確認しよう。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 未知の経験に対する不安を消し去る心理術とは?

  2. 建築現場での報連相不足はどんな問題を引き起こすのか?

  3. 新入社員が「優秀」という評価を得る為にやっている3つの事とは?

  4. 現場監督を始めるのは24歳では遅いのか?という悩み

  5. 会社の上げた利益は株主に還元されるけど社員には還元されない怒り

  6. TMが評価する人と評価しない人のほんの少しの差とは?

  7. 行動力の足りない人、毎日不安でたまらない人への秘策を伝授!

  8. 会社からの壮絶なパワハラで退社したいという悩みと対処法とは?

  9. 施工管理技士・現場監督として現在の待遇に不満のあるあなたへ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

    2018.10.05

  2. 溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

    2018.10.03

  3. 鉄筋の有害な曲がりの定義と、現場で起こりがちな場面と、私の主張

    2018.10.01

  4. 非耐力壁の代表格であるW15がチドリ配筋である理由とは?

    2018.09.26

  5. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (285)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー