コンクリート打設でトラブルになりそうなポイントとは?(柱編)

Sponsored Links

 

柱はコンクリート造の建物において上階の荷重を下階に伝えたり、
地震時の水平力に耐えたりする重要な部材です。

 

だけど

コンクリートを打設しようとすると意外とつまづきやすいポイントなのです。

 

例えば

みんなが「順調に打設したい」という気持ちが強すぎて、
柱の1回目の打設高さを上げてしまうと足元の勾配などで生じる隙間をふさぐ
「間詰めのモルタル」や「薄ベニア」などの処理が不十分な箇所から
コンクリートが噴き出してしまう可能性があるのです。

 

だから

柱や壁などの足元は、順調に打設したいのであれば「ぐっ」と我慢して
少し控えめに1回目の打設高さを設定する方が、足元のトラブルを防止して
2回目からの打設をスムーズに進めるためには有効だと私は考えています。

 

それから

1度に打設する高さや早さを大きくすると、コンクリートの側圧が
型枠へ一気にかかりやすく変形や最悪の場合は壊れてしまう危険性があります。

 

もしも

あなたが型枠の構造計算を実際にしたことがあるのなら分かると思いますが、
コンクリートの打設に際して、型枠には想像以上の外力が掛かります。

「このくらいなら大丈夫だろう」

と勝手に決めずに、必ず型枠大工さんと相談しながら打設高さを
コントロールしていって下さいね。コンクリートを打設する側は
出来れば1度に上まで打設した方が楽なので、コントロールするのは
あなたと型枠大工さんしかいませんからね。

 

続いて

階高がある建物では上部から打設すると材料分離する危険性があります。
だからホースを柱の中までおろして材料分離しないように打設するか、
柱の途中に打設用の開口を設けることも必要です。

打設している最中は、そこまで「不具合になっている」という感覚は
無いかも知れませんが、脱型したあとに

「あ~、そう言う事か~!」

と気付いても「後の祭り」ですからね。

 

最後に

建築工事監理指針(令和元年版上巻) [ 国土交通省大臣官房官庁営繕部 ]
の該当部分を確認して下さい。

 

P.413

(イ) 柱の打込み

(a) 柱の打込みは、コンクリートを一度スラブ又は梁で受けた後、柱各面から打ち込む。梁筋と柱筋の交差している箇所から打ち込むと、特に分離しやすい (図6.6.2参照)。

(b) 吐出する向こう側のせき板にコンクリー卜が直接当たらないように、小形受け桝等で受けてから鉛直に落とす。

(c) 高い柱 (4.5m ~ 5m以上) に打ち込む場合は、次のようにするのがよい。

① 最上部から縦形シュートが使用できるときはこれを利用して、常に打上げ面近くでコンクリ ートを放出する。

② 縦形シュートが使用できない時は、柱中段のせき板に打込み口を設け、外部にポケット状のたまり場をつくり、コンクリートがゆったり落ちていくようにする (図6.6.3参照)。

 

図 6.6.2 柱の打込み (各面から打ち込む)

 

図 6.6.3 柱の打込み (高い柱を打つ場合)

 

P.416

 

図 6.6.7 各部位に起こりやすい打上りの欠陥

 

 

つまり

柱のコンクリートの打設に伴う注意ポイントは以下の3つです。

  1. 足元の隙間からコンクリートが噴き出す可能性が高いので、コンクリートの打ち始めに足元の状態をよく見て必要があれば少し時間を置くことが必要
  2. 独立柱であれば、コンクリートが一気に上まで打ち上がっていくので、型枠に対して側圧が一気にかかり強度的に持たない危険性がある
  3. 階高がある柱でホースを突っ込まずにスラブ上から打設すると材料分離する危険性がある

柱はバタバタするコンクリート当日の中で1番もしくは2番目に打設する部位です。
そこで、いきなりコンクリートが噴き出す等のトラブルに見舞われると
せっかく立てた1日の計画がいきなり無駄になってしまう危険性があります。

 

特に

柱の足元の間詰めについては「型枠工事」の範囲内なのか?
常傭の土工さんで処理すべき範囲内なのか?については、
事前に打合せて役割分担を決めておく必要がありますね。

大切なのは、「仕事の範囲を明確にする」という事です。
こちらの記事の様にならない為にもね。

↓ ↓ ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. ルート間隔がなぜ溶接継手で初層部の欠陥を無くすために重要なのか?

  2. 鉄筋の機械式継手の種類と採用の基準は一体何なのか?

  3. 雨天時は何故ガス圧接作業が中止になるのか?天候との意外な関係

  4. 柱リストで最初にチェックすべき現場で忘れがちなポイントとは?

  5. 山留め工事を行なう上で知らないでは済まされない安全知識とは?

  6. 施工計画書の裏柄!施工要領は5W1Hが大事!?

  7. 建築現場で型枠支保工用の足場を組んだ時の失敗例とは?(1)

  8. 結束線、段取り筋の品質管理とかぶり厚さの問題

  9. 柱のフープ筋に溶接閉鎖型フープをわざわざ使用する理由とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. コンクリートの湿潤養生は散水だけでなく型枠の脱型にも影響する?

    2020.11.27

  2. コンクリート打設は一発勝負!床仕上げで失敗しない5つのコツとは?

    2020.11.25

  3. コンクリート打設のバイブレーター(棒型振動機)に関する5+1の…

    2020.11.20

  4. コンクリートの水平・垂直打継に関する11の基本的な知識とは?(…

    2020.11.18

  5. コンクリートの水平・垂直打継に関する11の基本的な知識とは?(…

    2020.11.16

  1. 一級建築士の資格勉強を始める時期はいつからか?という悩み

    2020.08.07

  2. 在宅勤務になり建築現場に配属されない時の学習方法は?という悩み

    2020.04.20

  3. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  4. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  5. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ