再生砕石を使用する上で環境的に必ず知っておくべき事とは

Sponsored Links

 

「コンクリート製のピットに溜まった水はアルカリ性か調べた方が良い」

と昔、会社の偉い人に言われたことがある。

 

なぜなら

コンクリート中のセメントなどのアルカリ成分が溜まり水に
じわじわとしみ出して来るからだそうだ。

 

だから

当時、雨が降った後に、PH計を持って調べてみたら
普通の中性だった事がある。
きっと、私がアルカリ成分がしみ出す前に計測したからだろう。

 

で、今回の話とどんな関係があるの?

とあなたは感じたかも知れないね。
でも、実は大きく関係するのである。

 

なぜなら

再生砕石はコンクリートを粉砕したものだから。

 

具体的には

砕石自体は粉砕しても「石」のままかもしれないけど
コンクリートに含まれるその他の部分である「セメント」
なども含まれるからである。

 

そして

再生砕石は「RC0―40」などと粉砕されたセメントの粉と共に
市場に出回っている事が多い。

 

そこで

私は過去にある実験をしたことがある。
というのは、雨の日に再生砕石の周りに溜まっている水に
アルカリ性であれば赤く着色されるフェノールフタレイン液を
垂らしてみたことがあった。

 

結果は

水溜まりが気持ち悪いくらいに「真っ赤」に染まったよ。
その瞬間、なぜか私もゾッとしたことを覚えている。

 

ちなみに

アルカリ性の水を川や池などに放流すると魚などが死ぬ可能性があるし、
そもそも「PH8.6」よりアルカリ性の物を放流すると
「水質汚濁法違反」になるので注意する必要があるよ。

 

特に

仮設道路の砕石で再生砕石を使用する場合は、
雨などで砕石を伝った水が場外へ放流されるか?
を事前に確認した方が良いかもね。

 

つまり

再生砕石を使用する上で環境的に必ず知っておくべき事とは、
再生砕石はコンクリートを粉砕したものなのでセメントの
「アルカリ成分」が大量に残存していると言うこと。

 

だから

再生砕石の浸透水などを場外へ排出する場合は、
「PH管理」に気を使った方が良いよ。
もちろん、どんな場所で使用すべきかも合わせて考えよう。

 

あっ

そういえば過去にこんな記事も書いたっけ?
合わせて読むと理解が深まるよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. アースアンカー方式は近隣さんの理解の上に成り立っている工法

  2. 基礎と柱のかぶりが違うから私が気に入らない件とは?

  3. 境界際の山留めは引き抜くか?埋め殺しか?それが問題だ!

  4. 架空電線が建築現場の施工計画に及ぼす影響とは?

  5. 移動式クレーンを手配する前に確認したいアウトリガーの形状とは?

  6. 鉄筋の定着と継手の定義と基本的な考え方を確認しておこう

  7. 建築現場の土工事で床付け検査を行う時に確認すべき項目とは?

  8. 砕石敷きで再生砕石を使用する前に仕様書で確認すべきなのは何故か?

  9. 既製杭は打設順序はなぜ番号順でなく飛び飛びに打設するのか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  2. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  3. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  4. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  5. 鉄筋屋さんに対し、良く計算されていると感じる柱の主筋の長さの秘…

    2019.06.12

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ