作業員の仕事内容は請負?常傭?把握出来ていない問題とは?

Sponsored Links

 

作業員の行っている仕事内容が、
実は誰も請負仕事なのか、常傭仕事なのか分かっていない。

 

更に

担当職員も職長さえも分かっていない。
という事例に数カ月前に出くわした。

 

それは

たまたま他の現場に行った時に、よく知っている会社が
作業をしていた。その現場の職長さんとは数回話をした
ことがあり、ちょっと変わった作業をしていたので何気なく

「それって、契約作業なの?」

と聞いたのだ。

 

すると

職長さんは、

「さぁ~、良く分かっていないんです。」

と答えたので

「伝票は書いているの?」
と聞くと

「一応書いてサインをしてもらって、
 後で上の人間同士で話をしています」

と答えたのだ。

 

不思議に思って、たまたま近くにいた担当職員
同じことを聞いてみると、

「いや~、よく分かって無いけど、所長の指示だから…」

と答えていた。

 

更に

「で、常傭伝票が上がってきたらどうするの?」

と聞くと、

「一応、サインはしますけど、後は上同士が話しています。」

と、さっきの職長さんと同じ答えが帰って来た。

 

私は心の中で思わず

「おいおい、請負か常傭か分からずに、
 よく仕事してんな~。追加の金額凄いことにならないかな?」

と心配をしてしまった。

 

なぜなら

私の経験上、請負仕事と常傭仕事では仕事に対する
スピードというか、情熱が全然違うと感じている。

 

具体的には

  • 少し時間が余った時
  • 気乗りしない時
  • 忙しい時の優先順位

などの「やる」か「やらないか」の決断を迫られた時に
請負工事だと「やる」という選択肢が大半を締めるのに対して、
常傭仕事の場合は「やらない」という選択を取ることも多い。

 

つまり

請負仕事か、常傭仕事かで作業の能率がかなり違ってくる。
それは、結果として「追加工事」の金額に大きくかかってくる。

 

もしも

あなたが担当職員だったら、追加の見積もりを所長のところへ
持って行って、嫌な顔をされたくないだろうし、

逆に、あなたが上司の立場なら、みすみすお金をドブに捨てるような
作業員の使い方などは決して、してほしくないはず。

 

その為にも、何の作業が請負工事に入っているのか?
について、担当職員と職長の両方に把握をしてもらおう。
手っ取り早い方法は、契約書の内訳を渡すのが効果的。

もしも、今の話を聞いて不安に「該当するかも?」と
感じたのであれば、ぜひ確認して実践して欲しい。

 

つまり

作業員の仕事内容に対して、担当職員も作業員も
請負仕事なのか、常傭仕事なのか把握せずに
作業をしていることがチラホラある。

 

だから

担当職員と職長には、契約の明細を渡してお互いが
請負と常傭と理解して仕事をさせることが非常に大切。
そうしないと、余計な追加が上がってくる可能性が高い。

 

そして

常傭を減らして、出来るだけ請負とさせるのが
追加の金額を把握する上で非常に大切なので
この記事も合わせて読んでおこう。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
Sponsored Links


banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 現場で作業員さんに直接指示ができない症候群とは?

  2. 作業員さんに対して、たった一言で一目置かせる魔法の言葉とは?

  3. 現場監督と作業員の意識の小さくても大きな差による悩みとは?

  4. 人に指示を出す立場の人間の9割が犯す間違いとは?

  5. 初対面の作業員さんの技量を計るたった1つのコツとは?

  6. 本音で業者と話すことが出来るか?【建設業者の付き合い方】

  7. 職人さんと上手に付き合い、順調に進めるためのコツは?という悩み

  8. 職人さんに信頼される為に実践する。たった1つのポイント

  9. 作業員さんに言いにくいことを伝えるコツとは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 異形鉄筋の公称直径・公称断面積・最外径と並んで重要な○◯とは?

    2017.11.03

  2. 鉄筋を現地で判断する最終材料、ロールマークと表示色とは?

    2017.11.01

  3. 高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは?

    2017.10.30

  4. 中途入社で1年目だと専門用語や業界の常識が分からないという悩み

    2017.10.27

  5. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

    2017.10.25

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー