建築現場の仮設電気は低圧?高圧?電圧降下がひどいなら発電機?

Sponsored Links
/* */

 

現場を始めるときに必ず考える事の1つに「仮設電気」がある。

あなたがもしも建築の担当者であれば、設備系の人に
丸投げしているかも知れない。

 

でも

丸投げしていては何時まで経っても知識として定着しないので
今回は私の失敗事例をお伝えしよう。

 

まずは

高圧電気を引き込むと電気料金やキュービクルのリース費用など
コストが低圧電気の場合とは全く変わってくる事を認識しよう。

 

だから

小さなタワークレーンを計画した現場でコストを抑えるために、
低圧電気で仮設計画をしたことがあった。

当然、最低限の容量チェックは行っていたので、
何とか容量不足にならずに工事の終盤戦を迎えた。

 

しかし

最後の最後で容量不足になってしまったのである。
原因は「本設のエレベーター」であった。工程の都合上、
タワークレーンとロングスパンエレベーターを残した状態で
本設のエレベーターが完成して3つの機械とも同時に
運用する必要にせまられたのである。

 

結局

臨時で発電機を入れて何とかしのいだけど、
ただでさえ狭い敷地を占領するように発電機が
「ドーン」と座っていて邪魔だったよな~。

 

あとは

だだっ広い現場で遠くまで電気の幹線を引っ張るなら、
電圧降下と言って距離に応じて届けることの出来る電圧が
少なくなってしまい、電圧降下を防ごうとすると幹線サイズが太くなる。

 

それは

一気にコストアップの道へつながってしまうので、
使用頻度が限られている場合は発電機などの方が
コストメリットがあるかも知れないね。

 

つまり

建築現場で、タワークレーンやロングスパンエレベーター、
又は溶接作業で動力を使う現場は、キュービクルを設置して
高圧電気を引き込むべきである。

 

逆に、先程の項目に当てはまらない小規模現場は
低圧電気を引き込んでも問題ない。

 

更に

だだっ広い敷地の現場で仮設電気の幹線を引っ張り回す現場は、
電圧降下をおこしてしまうので幹線サイズが太くなり、
一気に予算オーバーしてしまう危険性がある。

 

だから

時と場合によっては発電機の方がコストメリットとしては、
有効な場合もあるので、該当する場合は比較してみると面白いよ。

 

でも

あなたが建築の担当者であれば、なかなか電気のことは
分からないよね。だけど、知ろうとする事はとっても大事だよ。

たとえ、畑違いでもこの記事のような人になれたら
私はあなたのことを尊敬するよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 調合強度で生コンクリート工場の品質レベルが分かる?

  2. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

  3. 建築現場で揚重機を選択するための3つのポイントとは?

  4. 現場周辺の公共の排水設備の雨水と汚水は分流地域か?合流地域か?

  5. コンクリート受入時のスランプ試験でTMが密かにしている事とは?

  6. 異形鉄筋の公称直径・公称断面積・最外径と並んで重要な○◯とは?

  7. 場所打ちコンクリート杭の品質の要!スライム処理とは?

  8. 枠組足場に5層ごとに水平つなぎの単管パイプは必要か?

  9. 鉄筋の役割とは?問題点の解決法の基本的考え

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. 鉄骨工事の中で自然と行われている「環境的な配慮」とは?

    2023.04.10

  2. 鉄骨の製品検査に工事監理者さんを連れていくのは当たり前なのか?

    2023.04.03

  3. 鉄骨工事の工事現場施工要領書に関するチェックのポイントとは?(…

    2023.03.27

  4. 鉄骨工事の工事現場施工要領書に関するチェックのポイントとは?(…

    2023.03.20

  5. 鉄骨工事の工事現場施工要領書に関するチェックのポイントとは?(…

    2023.03.13

  1. 一級建築士の資格勉強を始める時期はいつからか?という悩み

    2020.08.07

  2. 在宅勤務になり建築現場に配属されない時の学習方法は?という悩み

    2020.04.20

  3. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  4. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  5. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ