建築現場で基礎工事時の雨上がりに確認すべき3つのこと

Sponsored Links
/* */

 

建築現場で基礎工事期間中に一度も雨に会わなかった。
ということは、まずあり得ないよね。

 

そこで

今回は雨上がり時に確認すべきポイントをお伝えする。

でも、別に特別なことをやるわけではなく、

「当たり前のことを当たり前に再確認する」

という気持ちで読んでくれると嬉しい。

 

まずは

水が溜まっているところが無いか?を確認しよう。

 

具体的には

水溜まりがあることで作業に支障のあるところは無いか?
を確認することになるので、放っておいても問題ないところは
そのままでも、全く問題ないと感じるよ。

 

 

次に

法面の亀裂の有無を確認しよう。

砂質系の地盤であれば雨によって法面の亀裂が生じやすい。

 

もしも、法面の亀裂をそのままにしていて作業中に
崩壊してしまうと事故の危険性が非常に高いから。

例え、ひざ下まで位しか埋まらないとしても
骨折などの事故になることは多いし、
法面の高さがあれば生き埋めになって
死亡事故につながる危険性も多いにあるから。

 

だから

雨上がりの法面のチェックは非常に大切。

 

 

最後に

既に土砂の崩壊が起こっているところが無いか?の確認。

 

特に

基礎の配筋が完了して型枠を組み立てる前の部分があれば
重点的にチェックをすることをオススメする。

 

なぜなら

土砂が配筋の下まで崩壊をしたままで型枠をたてると
土砂の撤去が非常に困難になってしまうから。

 

だから

型枠にふさがれてしまう前にしっかりと掃除をしておく必要がある。
そのためには、雨上がりの現場の確認がとっても大切だよね。

 

つまり

建築現場で基礎工事時の雨上がりに確認すべきこととは

  • 水の溜まり具合の確認
  • 法面の亀裂の確認
  • 土砂が崩れているところが無いかの確認

の3つであり、確認を怠ると事故や品質上の問題へ
つながり安いということ。

 

そして

タイムリーに確認を行うことで、後の労力を数分の1に
おさえることが出来るから、雨上がりのタイミングは
大変なのは百も承知だけど、面倒くさがらずに確認を
行うときっと明日の自分のためになると感じるよ。

 

更に

明日の工程に影響するかも知れないから、
おさらいとして、こちらの記事も確認しておこうね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 再生砕石が余ったり仮設で使用後に搬出するのは産業廃棄物か?残土か?

  2. 道路使用時の25tラフタークレーンの意外な設置の考え方とは?

  3. 鋼矢板で先行掘削をした時の私の犯した過去の失敗例とは?

  4. 重ね継手の2つの素朴な疑問にあなたは答える事が出来ますか?

  5. 足場の風荷重の算定方法とは?(1)設計風速の算定

  6. 鉄筋の溶接継手で特記仕様書・施工計画書で確認すべき9つの内容

  7. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

  8. スラブ筋の開口補強はどのサイズまで凡例が適用出来るのか?

  9. 柱のフープ筋に溶接閉鎖型フープをわざわざ使用する理由とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. 暑中コンクリートで生じやすい5つの問題と管理ポイントとは?

    2021.03.01

  2. 寒中コンクリートで建築工事監理指針が示す2つの技術的課題とは?

    2021.02.26

  3. 軽量コンクリートを打設する時に注意すべき3つのポイントとは?

    2021.02.24

  4. 現場でかぶり厚さ不足が発生したら悲惨な現状になる理由とは?

    2021.02.22

  5. コンクリートで発生したクラック(ひび割れ)の補修方法を把握して…

    2021.02.19

  1. 一級建築士の資格勉強を始める時期はいつからか?という悩み

    2020.08.07

  2. 在宅勤務になり建築現場に配属されない時の学習方法は?という悩み

    2020.04.20

  3. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  4. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  5. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ