地中梁を配筋して継手で固定する前に確認すべきこととは?

Sponsored Links

 

「後の祭りだ!もっと前に確認しておけば良かった~!」

と後悔しても仕切れない程の手戻り作業にならないように、
現場ではタイムリーに確認すべき事が沢山ありますよね。
本日お伝えするのは、その内の1つです。

 

最初に

答えから言うと「主筋のあき不足」にならないように
事前にチェックしましょう。という事です。

 

例えば

柱も梁も主筋の本数が密に配筋される場合において配筋は端から数えると
「柱、梁、梁、柱、梁‥、柱、梁、柱」
という風に柱と梁の主筋が、交互~2本連続くらいのペースで配置されます。

 

そこで

柱の主筋の間に梁の主筋が1本しかなく、かつそれぞれの鉄筋が接する程に
近い場合は、柱の主筋同士は9割以上の確率で、主筋径の1.5倍の隙間は
確保出来ていないでしょう。

 

また

柱の間に梁筋が2本並ぶ場合でも、何らかの理由で柱筋の間隔が決まっていれぼ
梁筋同士のあきを確保する事は難しいでしょう。

 

ここで

「柱も梁もそれぞれあき寸法を確保した位置に並べば良いのでは?」

とあなたは感じませんでしたか?

 

確かに

柱も梁もそれぞれ正規のあき寸法を確保出来るように配置をして、
お互いが干渉しないのであれば問題は生じません。

 

しかし

仮に柱と梁が干渉する場合は、どちらかを1本だけ移動させると、
あき寸法が不足する場合が多いので相互のあき寸法に注意しながら
調整をする事になります。

 

更に

柱に取り付く両側の梁幅が異なるなど「四隅以外に位置が固定される主筋」
がある場合には、固定される主筋の左右の本数を間違えるとあき寸法が足らない。
という事態を免れることは出来ないでしょう。

 

だから

柱も梁も主筋本数が密になっている配筋の場合は、
一度納まりを検討して主筋の配置を考えておく必要があるのです。

 

つまり

地中梁を配筋して継手で固定する前に確認すべきこととは、
柱と梁の配筋量が多い場合は、

 

「柱筋のどこに梁筋を何本通すのか?」

 

をチェックしておくことです。

 

なぜなら

配筋後の検査の時点で「主筋のあき不足」を指摘されても
是正のしようが無いから、継手で固定される前に「あき寸法」
をチェックする必要があるからです。

 

ちなみに

鉄筋の「あき寸法」と同じような意味で「鉄筋間隔」という
言葉がありますが、あなたは違いを説明できますか?

もしも、「?」と感じたあなたはこちらも読んでおきましょう。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 施工計画書を現場で作成する本当の意味とは?作成するのは誰の為?

  2. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(3)

  3. 建築現場の仮設電気は低圧?高圧?電圧降下がひどいなら発電機?

  4. 建設現場で使用する足場板は鋼製か?木製か?

  5. 自立式山留め工法の特徴と注意すべきポイントとは?

  6. 径の異なる重ね継手は「大は小を兼ねる」で良いのか?

  7. 足場も仕事も足元が肝心!チェックすべき3つのタイミングとは?

  8. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(何故必要か?)

  9. 山留め工事計画図の作成時にまず確認すべき事とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  2. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  3. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  4. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  5. 鉄筋屋さんに対し、良く計算されていると感じる柱の主筋の長さの秘…

    2019.06.12

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ