鉄筋材料を役所の数量以上に発注していないというトラブルの原因とは?

Sponsored Links

 

官庁工事などの検収では大前提として「役所の内訳数量」と
「実際の数量」の比較を行って、「内訳数量以上」なら
工事に必要な資材を納入しているのでOKという考え方である。

 

もしも

内訳数量より、実際の数量の方が少なかったら

「手抜きしてるんじゃないの?」

「どこからか材料を不正に入手して儲けてんじゃないの?」

という目で見られるので、基本的には避けたいところ。

 

しかし

時として、全く不正をしていないのに内訳数量に実際の数量が
満たない。という状況になる場合がある。

 

そして

しっかりと理解をして説明しないと、対応がドンドン面倒くさい
方向へ進んでしまいかねないので十分に注意が必要だね。

 

では

一体何がトラブルの原因になるか?

と言うと、鉄筋の特に柱や梁の主筋となる径の比較的太い材料である。

 

なぜなら

最近の鉄筋の数量拾いはコンピューターで正確に拾っているので、
ロスが限りなく減ってきているから。

 

具体的には

積算基準上は鉄筋の材料は適正長さにカットして使用するので
大なり小なり「ロス」が発生するから。

 

そして

一般的には、4%のロス率を見込むのだけど、主筋に関しては
正確に拾い過ぎると結果的に4%のロス率以下に納まってしまうから。

 

ここで

D10やD13などの細い径の鉄筋については、様々な用途で
使用させることが考えられ、時には予想外の使用も考慮して
余裕をみて発注するために4%のロス率は越えることが多い。

 

だから

実際の数量が内訳数量より少ない場合は、工事監理者さんなどに

「ロス率を含んでいる数量か?」

を確認して、正味の数量と比較をするべきだよ。

 

ちなみに

ロス率を含んでいない正規の数量を「設計数量」、
ロス率を含む数量を「所要数量」と呼ぶので覚えておこうね。

 

つまり

鉄筋材料を設計数量以上に発注していないというトラブルの原因とは、
最近の鉄筋材料の拾いはコンピューターにて拾い出しを行うことが多く、
特に柱や梁の種菌などの太物の材料に関しては、積算精度が良いために
積算基準上の4%のロス率よりも少ない発注数量となってしまうケースがある。

とは言え、実際の建物の施工には支障がないために、工事監理者さん
などにはしっかりと打合せを行って、「手抜き」や「減額」などと言われる
ことの無いようにしていきたいよね。

 

そして

こちらの記事は設計事務所、工事監理者さんなどへの
対応の参考になると感じるから合わせて読むことをオススメするよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
Sponsored Links


banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 鉄筋とコンクリートの強度の組み合わせとバランスの関係とは?

  2. 建築現場の土工事で床付け検査を行う時に確認すべき項目とは?

  3. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(公称直径、断面積編)

  4. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(4)

  5. 建築現場の仮囲いのゲートを設置する時に失敗したと感じた3事例

  6. 鋼管杭の特徴とは?既製杭や場所打ち杭に比べてどうなの?(1)

  7. 施工計画書の裏側!検査方法で重要なのは合格基準?それとも?

  8. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(10)

  9. 鉄筋のスペーサーは縦向きか?横向きか?充填性と強度の矛盾について

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(最小かぶりと設計…

    2018.05.25

  2. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(部位別)

    2018.05.23

  3. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(建物の高寿命化)

    2018.05.21

  4. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(何故必要か?)

    2018.05.18

  5. 鉄筋のかぶり厚が足らないと起こりうる建物崩壊につながる問題とは?

    2018.05.16

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (42)
  • 工種別の管理ポイント (264)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (8)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー