鉄筋の加工で熱曲げ加工やアーク溶接をしてはイケない理由とは?(1)

Sponsored Links

 

前回は、鉄筋の加工についてお話をしたが途中から脱線をしてしまった。
少し弁解させて頂きたくと、別に綺麗事を言いたかったわけでもなく、
経験上、大なり小なり波にのまれてしまうことはあなたにもきっとあるはず。
私自身も、そういった面を当然持っているし、実際に痛い目にもあってきた。

 

だから

あなたにはきちんとした判断基準を持って欲しい。

という事をお伝えしたかったのだけど、そろそろ本題に戻ろう。

 

まず

「鉄筋を加工場で溶接して先行組立を行いたいのですが?」

という要望を鉄筋業者さんから言われたらあなたならどうする?

 

もしかしたら

「鉄筋は溶接してはイケないよ」

と言って却下するかも知れないし、特に考えずに「OK」するかもね。
でも、私は「YES」でも「NO」でもない答えをあなたに期待したい。

 

それは

「どんな機械で溶接しようとしているのか?」

という事を確認して欲しい。

 

なぜなら

溶接方法によっては鉄筋の品質に悪影響を及ぼす可能性のある
工法も有るので注意が必要だからである。

 

例えば

アーク溶接の点付け溶接による先行組立を行うと、溶接時に
アークストライクが発生して鉄筋が断面欠損する恐れがある。

鉄筋の断面欠損は必要応力が確保できないため
強度不足に直結し品質問題を巻き起こしてしまうのだ。

 

だから

鉄筋の先行組立時における溶接に関しては「NG」という認識を
持たれている方がいるのである。

 

しかし

電気抵抗溶接を使用すれば断面欠損は発生しないので、
「どんな機械を用いて溶接するか?」が重要になってくるのだ。

 

だから

事前に鉄筋加工場の設備を確認したりして「所定の品質」を
確保することが出来るのか?についてのチェックが必要だね。

加工場の設備に、電気抵抗溶接を行う機械の記載が無くて
実際に加工場に行ってみると、コソッと溶接機が置いてある場合は
アーク溶接で点付け溶接をしようとしている可能性があるから要注意だよ。

 

つまり

鉄筋の加工で絶対にしてはいけない2つの方法とは、

  • 熱して鉄筋を加工すること
  • 鉄筋に対してアークストライクを起こすような溶接を行うこと

としており、原因としては「入熱による性質の変化」「断面欠損」
の恐れが非常に高いからである。

 

しかし

溶接金網などにおいて、実際に鉄筋同士を溶接にて固定しているが、
そういった場合は「アーク溶接」ではなく「電気抵抗溶接」を使用すると
断面欠損の恐れがなくなるので、鉄筋を先組して配置する場合などで
覚えておくと役に立つ時もあるかもね。

 

あっ、そうそう。

「溶接」と言えば過去にこんな記事も書いたので合わせて読んでみてね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 配筋検査の時期と内容について伝えておくべきこととは?(2)

  2. 複数本並んだ長尺物を継ぎ足す場合の原理原則とは?

  3. 山留め工事計画図の作成時にまず確認すべき事とは?

  4. 鋼矢板で先行掘削をした時の私の犯した過去の失敗例とは?

  5. 鉄筋の位置がズレたときに台直しをしても良い場合の条件とは?

  6. 径の異なる重ね継手は「大は小を兼ねる」で良いのか?

  7. 外部足場の養生はメッシュシートか?ネットか?それとも…

  8. クレーンの点検記録は確実に残しておくべき理由とは?

  9. 根切り計画図を作成する上での3つのチェックポイントとは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仮設構造計算ソフトを暫定的に次世代足場に対応しました

    2019.08.12

  2. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  3. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  4. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  5. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ