既製コンクリート杭の施工計画書には何を記載すべきか?(5)

Sponsored Links

 

第1回は1~3について。
第2回は4~7について。
第3回は8~11について。
第4回は12~15について書いてきたので、
今回は16~について書いていくよ。

 

16,杭頭の処理方法(切断方法.鉄筋の処理方法等)

 

杭頭の処理方法については、施工業者も異なる場合が多いので
別冊で後日提出という形でもかまわないと感じる。

 

ただし

今回の項目の中で当てはまる項目は忘れずに記載されているか?
を確認しておくことが大切。

 

溶接にしろ、既製品にしろ、それぞれの品質管理基準があり、
必要な資格者の明示も合わせて行うようにしておく必要がある。

杭頭処理の施工計画書を別途提出する場合は、
杭の施工計画書にその旨を記載しておこう。

 

17,安全対策( 施工機械の転倒防止と杭孔への転落防止)

 

杭工事は様々な重機を使用するので死亡災害や重症になる
災害につながりやすい工種であると言える。

特に、複数の機械が往来する場合での接触・挟まれ事故や
杭孔への転落などの事故が予想される。

 

それから

見落としがちなのが重機自体の転倒事故である。
杭孔が増えていくに従い地盤の弱い箇所が増えていく。

その悪条件の中で「ちょっとくらい良いかな」と横着して
敷き鉄板の無い箇所を走行したりすると非常に危ないもの。

一度重機が体勢を崩してしまうと取り返しのつかない事態に
なることもあるから横着はしないようにお願いしたい。

 

更に

雨の強い日であれば、杭孔に雨水が流れ落ちる関係上
杭孔の廻りが崩壊して杭打ち機の所まで影響を及ぼすという
可能性があるので注意しておこう。

 

その場合は、杭打機を安全な所まで後退させて避難しよう。

 

18,公害対策(騒音,振動,油滴飛散防止策並びに掘削液の廃液処理方法等)

 

杭工事は大型重機を使用する工種なので、重機稼働中の
騒音や振動には十分に注意しておかなければならない。
最近では、騒音計や振動計の計測結果をリアルタイムに
仮囲いに掲示している現場を良く見るけど

 

あなたは騒音や振動の法で定められた基準値を知っているよね?

 

騒音は85dB、振動は75dBを越えてはいけないのだが、
振動は普通に作業していれば基準値を越えるような事は少ないはず。

 

しかし

騒音は普通に作業していてると基準値を越える可能性は大きい。

特に、金属と金属がぶつかる音などは騒音として高い数値が出るので
重機を使用して金属製の物を動かしたりする場合は、
特に慎重に作業をさせるように日頃から指示をだすだけで
現場全体の騒音は減ると感じるよ。

 

重機の移動速度にしても、材料1つの置き方にしても
「気を使っているか?」「気を使っていないか?」に関しては、
あなたの指示1つ。声かけ1つ。に掛かっている。
と言っても過言ではないからね。

 

これ以上書くと長くなるので続きはまた次回。

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(4)

  2. 鋼管杭、H型鋼杭が高止まり・低止まりした場合はどうする?

  3. 試験杭で想定地盤と違っていたらどうする?支持層より低い場合(1)

  4. 建築現場で水替えの労力を劇的に減らすための考え方とは?

  5. 杭のかご筋を組み立てる時に鉄筋組立ですぐに溶接したがるか?

  6. ガス圧接の継手面における鉄筋の切断加工で推奨されない工法とは?

  7. 足場に使用するメッシュシートは1類、2類があるが使い分けの基準は

  8. 試験杭で想定地盤と違っていたらどうする?支持層より低い場合(2)

  9. 外部足場を計画するために考慮すべき3つのポイントとは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

    2018.10.05

  2. 溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

    2018.10.03

  3. 鉄筋の有害な曲がりの定義と、現場で起こりがちな場面と、私の主張

    2018.10.01

  4. 非耐力壁の代表格であるW15がチドリ配筋である理由とは?

    2018.09.26

  5. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (285)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー