鉄筋継手の工法が鉄筋のあき寸法の最小値に及ぼす影響とは?

Sponsored Links
/* */

 

鉄筋のあきの寸法の最小値をおさらいすると以下によって決まります。

・呼び名の数値の1.5 倍
・粗骨材最大寸法の1.25 倍
・25mm

 

しかし

場合によっては、先程の3つ以外の事項が鉄筋のあき寸法の
最小値に関わってくることがあるのです。

 

では

一体何が鉄筋のあき寸法の最小値に関わってくるのでしょうか?

 

と言っても

「鉄筋継手の工法がってタイトルに書いてあるし!」

とあなたは心の中で言ってしまったかも知れませんね。

 

確かに

鉄筋継手の工法が鉄筋のあき寸法の最小値に影響をおよぼすのですが、
ここまで書いてきてふと思い出したのですが1つではありません。

 

実は

2種類の鉄筋継手の工法が関係するのです。

 

まず

1つ目は、「重ね継手」です。

実はと言いますか、当然ながらと言いますか重ね継手終了後の
鉄筋の状態で所定のあき寸法が確保されていなければなりません。

もしも重ね継手が考慮されていない配筋で、重ね継手を行うと
主筋径の1.5倍の隙間に主筋を重ねるので隙間が激減します。
すると、所定の付着力が取れない可能性が高くなりますよね。

 

でも

「主筋などの太物には重ね継手って使用しないのでは?」

とあなたは感じるかも知れませんが、「場所打ちコンクリート杭」
などであれば主筋は重ね継手ですから。(鉄筋工事ではありませんが)

 

 

次に

2つ目としては「機械式継手」です。

機械式継手には現状さまざまなメーカーから商品が出ていますが、
総じて言えることは「溶接継手」よりも完成時に接合部が太くなる。
ということです。太くなると言っても器具の太さがという意味ですが…。

 

すると

機械式継手を使用する場合は、圧接継手とは違って同じ箇所で
鉄筋を継ぐことが多いので機械式継手同士が干渉するリスクがあります。

 

だから

主筋の本数がある程度、「密」に入っている場合は機械式継手の
寸法を事前に確認しておく必要があろうかと感じます。

 

また

機械式継手を施工するのにレンチなどで回転させる必要があれば、
施工に必要なクリアランスも合わせて確認しておきましょうね。

最後に、「鉄筋コンクリート造配筋指針・同解説第5版 [ 日本建築学会 ]」の該当部分を確認して下さいね。

 

主筋の継手に機械式継手を採用する場合は,継手部の形状によって鉄筋間隔が決まる場合があり,注意する必要がある.また,帯筋・あばら筋の末端部にフックを設ける場合,フックに近接する主筋の間隔はフックの加工・組立てのため一般の部分より大きくとる必要がある.これについての詳細は後述する3.3 「柱および梁幅の最小値」および「付録A3」に掲げてある.

 

 

つまり

鉄筋継手の工法が鉄筋のあき寸法の最小値に及ぼす影響とは、
機械式継手を使用した場合に、隣り合う継手同士が干渉して、
従来の鉄筋のあきの最小値では納まらない場合があります。

 

そこで

機械式継手を使用する場合は、機械式継手自体の外観寸法と
締め付けを行うために必要な寸法を事前に確認しておいて
配筋量の多いリストに関してはチェックを行うことをオススメします。

 

また

他には重ね継手の場合も重ね継手完了後にあき寸法が最小値以上
確保されている必要があります。

 

やはり

私は現場で必要な人は「トラブルが起こってから対応」するより、
「トラブルに対して事前に対応」出来る人であると考えているので、
1つでも多く「事前の対応」が出来るように頑張って下さいね。
ちなみに、私が過去に書いた記事はこちらです。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 契約図書と実際に施工する設計図書で実際にあった罠とは?

  2. コンクリートの出来型検査ほど面倒くさい事は無い?楽するコツとは?

  3. 鉄筋のかぶり厚さが確保できていれば極端に大きくても良いのか?

  4. 仕様書通りでもどこかに違和感?防湿層はどのレベルに敷くのか?

  5. 鉄筋のスペーサーは部位ごとに事前に仕様を打合せた方が良い理由(1)

  6. セパレーターの選択は型枠大工さんの仕事?現場監督の仕事?

  7. 山留め工事において切梁工法を採用する場合はどんな時?

  8. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(鋼材の種類、製造方法編)

  9. ガス圧接施工計画書の本音と裏側(1)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. 流動化コンクリートは不具合なしの万能薬か?管理の厳しい材料か?

    2021.03.05

  2. マスコンクリートって関係ないと思っていませんか?実は身近に…。

    2021.03.03

  3. 暑中コンクリートで生じやすい5つの問題と管理ポイントとは?

    2021.03.01

  4. 寒中コンクリートで建築工事監理指針が示す2つの技術的課題とは?

    2021.02.26

  5. 軽量コンクリートを打設する時に注意すべき3つのポイントとは?

    2021.02.24

  1. 一級建築士の資格勉強を始める時期はいつからか?という悩み

    2020.08.07

  2. 在宅勤務になり建築現場に配属されない時の学習方法は?という悩み

    2020.04.20

  3. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  4. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  5. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ