施工計画書の裏側!施工フローで工事の流れを全てを記載せよ

Sponsored Links

 

施工計画書をチェックされている時に、

「あれっ、施工フローは?」

と聞かれる確率はかなり高い。

 

なぜなら

文字でずらずら書かれているよりは、
図でまとめてある方が圧倒的に理解が早いから。

 

しかも

工事を監理、監督する立場の人が一番気になるのは、

「どのタイミングで立会や検査があるのか?」

ということ。

 

だから

施工フローには、各段階の施工のステップを書くことは当然で、
「検査」、「立会」のタイミングでも忘れずに記入をしておこう。

 

更に

検査に合格したらどうなるのか?

検査に不合格ならどうなるのか?

という流れもしっかりと記載することがとっても重要。

 

それで

初めて工事を監理、監督する立場の人間が

「ふむふむ、この検査は自主だから現場に行かなくても良いかな?」

「おっ、これは立会の必要があるけど、頻度が多すぎだな。
そこまで立ち会えないから回数を調整しよう」

とか、きっと考えているはずである。

 

しかし

検査の部分なんて、あなたには関係ないかもしれない。
施工する立場からすると、「検査なんだから毎回来ればいいじゃん」
と思ってしまうかもしれない。

 

でも

相手の立場からすると、逆に「検査」、「立会」の部分が一番重要。
施工者が適当に検査の部分を記載すると、チェックを1番受けやすい
のが先程述べた理由によるから。

施工者側と監理、監督側が重点的に見たいポイントが違うのが
施工フローなので、全体を通して1番重点的に作成して欲しいポイントだよ。

 

もしも

施工フローが完璧であれば、その後の施工要領などは
軽く読み飛ばしても良いくらいの重要さがあるという認識して欲しい。

監理、監督側の人間が施工フローを見ていて「ん?」と感じることが
もしも有れば、その後の施工要領などは1文字1文字しっかりと
確認されるということはよく有るからね。

 

だから

お互いの信頼関係を悪くしないための重要ポイントが、
施工フローであると言う認識はしっかりと持っておいてね。

 

 

つまり

施工フローとは、工事の進捗と各段階で誰がどのように確認するか?
をしっかりと記載することで、職務と責任を認識してもらう図である。

 

だから

工事を進める上で、客先や設計事務所に安心感を与えるためには、
「しっかり計画をして、計画通りに進めること」がとっても重要だよね。

 

しかし

実際の現場は本当に忙しいと私は感じているので、
「少しでも効率よく毎日を過ごしたい」という人はこちらがオススメ。

↓  ↓  ↓

仕事を効率よく進める為のメルマガ無料講座

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 移動式クレーンのアウトリガーをセットしたら必ず確認して欲しいこと

  2. 境界際の山留めは引き抜くか?埋め殺しか?それが問題だ!

  3. 杭汚泥を自ら利用しようとする場合に役所により見解の違う事とは?

  4. ロングスパンエレベーターに関する私が目撃した危険な情景とは?

  5. 建築現場の埋め戻しは30cmピッチ?20cmピッチ?

  6. 捨てコンクリートの数量が計画通りに収まらない3つの理由とは?

  7. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

  8. 仕様書通りでもどこかに違和感?防湿層はどのレベルに敷くのか?

  9. 既製コンクリート杭の施工計画書には何を記載すべきか?(3)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

    2018.10.05

  2. 溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

    2018.10.03

  3. 鉄筋の有害な曲がりの定義と、現場で起こりがちな場面と、私の主張

    2018.10.01

  4. 非耐力壁の代表格であるW15がチドリ配筋である理由とは?

    2018.09.26

  5. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (285)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー