乗入れ構台に乗り入れられない?計画時のチェックポイント(2)

Sponsored Links

 

前回の記事で、チェックポイントを1つお伝えしたけど、
もう1つ事前に確認しておいて欲しいポイントをお伝えしておく。

とは言え、具体的な計画を元にお伝えするわけではないので、
一般的な事例にはなってしまうけど、逆に言うとどの現場でも
起こりうる問題でも有るということ。

 

では、さっそく続きを始める。

まずは、乗入れ構台の幅員だけど、一般的には経路や用途にも
よるとは感じるけど、4~10mくらいに設定をする。

 

そして

曲がり角の部分は、トラックなどの軌跡図をもとに、
直線部分より広く確保するのが一般的。

 

でも

ここまでは、大体のイメージを構台を組む業者に伝えておけば、
図面として書いてくるレベルであると感じる。

 

では

なぜ今回わざわざ記事にしたかというと、
自分の会社内外問わずに現場を覗いてみると、
当初予定をしていなかった車両が乗入れ構台上に停車している。
という場面をよく目撃するからである。

 

具体的には

鉄筋の圧接、杭頭の斫り、各所の溶接作業に従事する
「2t車クラス」の作業をするための車両である。

その、「2t車クラス」の車両の横を何度も切り返して
生コン車が往来しているのを、見かけることがしばしば有るから。

 

特に

大型の現場で、工区がいくつもあれば、生コン打ちの日と
先程の作業車が必要な日が被ってしまうのはよくあること。

どちらかを優先すると、どちらかの工区が遅れてしまう。
何とかならないかという、苦肉の策で無理やり車を通している
場合を見かけることは1度や2度ではないから。

 

更に

生コン車というのは、言われてみると当たり前だと感じるはずだけど、
ポンプ車に生コンを投入するために微妙に切り返して、車体の角度を
変える必要があったりするので、車体の幅以上にスペースが必要も。

 

もしも

あなたが乗入れ構台を計画する時は、ポンプ車の位置を、
ある程度工区で確定させて生コン車も図面上で配置してみて
確認することをオススメするよ。

 

例えば

生コン車2台付け出来るか?1台しか付けることが出来ないか?
については、工事を進めていく上で重要な事だからね。

 

つまり

乗入れ構台に乗り入れられ無いような失敗を
現場でしないためのチェックポイントとは、

  1. 場内や道路からの構台入り口への勾配
  2. 曲がり角の幅や、作業車があっても車の通行が出来るか?

をしっかりと抑えておいたほうが良い。

 

もしも

適当に計画をしてしまって1番苦労するのはあなた。
という認識をしっかり持って計画しようね。

現場では、「計画」や「段取り」が命綱だから、
怠ってしまうと最悪の未来が待っているよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
Sponsored Links


banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 枠組足場の構造計算をする場合に注意すべき事とは?

  2. コンクリート脱型後では遅い!躯体墨出しのありがちな失敗とは?

  3. ディープウェルは地下水位が高い地域ではスタンダード?

  4. 建築現場の土工事の埋戻し時の注意点とは?(1)

  5. 砕石敷きで再生砕石を使用する前に仕様書で確認すべきなのは何故か?

  6. 山留め工事を行なう上で知らないでは済まされない安全知識とは?

  7. 建築現場の仮囲いに貼っておくべき7+3の内容とは?(2)

  8. 足場の風荷重の算定方法とは?(4)壁つなぎの検討2

  9. 自立式山留め工法の変位の計測結果の最も効果的な表示方法とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 異形鉄筋の公称直径・公称断面積・最外径と並んで重要な○◯とは?

    2017.11.03

  2. 鉄筋を現地で判断する最終材料、ロールマークと表示色とは?

    2017.11.01

  3. 高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは?

    2017.10.30

  4. 中途入社で1年目だと専門用語や業界の常識が分からないという悩み

    2017.10.27

  5. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

    2017.10.25

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー