誘発目地と鉄筋の位置関係で生じるかぶり厚さ不足とは?

Sponsored Links

 

スラブの配筋写真を確認していた先輩が

「この写真は使えないから外そう!」

とおもむろに言われてしまいました。せっかく撮影した写真が
「使えない」という判断を下されたことは、もしかして
あなたにも1度や2度くらいあるかも知れませんね。

「えっ、1度や2度どころじゃない!?」

であれば、今回の記事を読み進めると「1度」は減るはずですよ。

 

まず

誘発目地というのは、コンクリートの乾燥収縮によって生じる
「ひび割れ」を予定した場所に発生させるために意図的に
構造上弱い部分を設けたもので、壁やスラブの20~30%程度を
目地で欠損させたものです。

具体的には、200mmの片持ちスラブであれば、20~25mm程度の
目地棒が上下に設置されている感じです。

 

そこで

冒頭のトラブルに戻りますが、一体何がいけなかったのかと言いますと、
勘の良いあなたならもうお気付きですかね。

 

実は

当然と言えば当然なのですが、誘発目地の周辺にもかぶり厚を
所定の寸法取らないといけないのです。

 

具体的には

下筋の配力筋を誘発目地の部分で切断する納まりになっていない場合は、
大抵スラブの下筋のスペーサーは30mm程度であるはずです。
しかし、誘発目地が20mmあれば、目地を交差する部分では
当然ながらかぶり不足になるのです。

 

しかも

誘発目地というのは、ひび割れを目地を設置した箇所で発生させる
という使命を持って設置されているのでひび割れによって
外気に接しやすく錆が発生しやすい箇所でもあるからです。

 

だから

誘発目地部分で、下筋の配力筋を切断できない場合は、
目地周辺にスペーサーを設けてかぶり厚さを確保できるように
配筋する必要があるのです。

文章を読めば、当たり前過ぎますが実際の現場でそこまで気をつけて
管理されている人は意外に多くないと私は感じていますけどね。

最後に、「鉄筋コンクリート造配筋指針・同解説第5版 [ 日本建築学会 ]」を確認しておきましょう。

 

コンクリート躯体にひぴ割れ誘発目地を設ける場合は壁の両面とし,断面欠損率は20 %を超え30 %程度とされている,なお,望ましい断面欠損率を「鉄筋コンクリート造建築物の収縮ひび割れ制御設計・施工指針( 案)・同解説」(2006 年版) を参考に決めるとよい. 目地部の鉄筋に対するかぶり厚さは. JASS 5 (2009 年版)に従い, 計画供用期間の級が標準・長期
の場合.解説図3.5 のように定める図巾のかぷり厚さの数値は,コンクリートが硬化した状態で最小のかぷり厚さが目地郎で確保されていることを示している.

 

つまり

鉄筋のかぶり厚さは誘発目地の目地底からの距離を確保する必要があります。

だから、壁の型枠やスラブ底の型枠に設置されている誘発目地の位置を
基準にして必要なかぶり厚さが確保できるように離して配筋することが
必要になってくるので、あなたが配筋写真を撮る時には誘発目地と鉄筋の
位置関係をしっかりと確認してから撮影しないと、最終的に「使えない写真」
になってしまう可能性が有りますからね。

 

あっ

工事写真と言えば、撮影の経験が少ないと失敗しがちなポイントがあります。
どんな失敗かと言いますとこちらの記事に書いてあるので読んでみて下さいね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 配筋検査の時期と内容について伝えておくべきこととは?(2)

  2. 施工計画書の裏側!添付資料はあなどるな!検査であせった出来事とは?

  3. 私の部下が陥りそうになった鋼矢板工法の施工計画上の問題点とは?

  4. 埋設物調査を必ず実施しないといけない現場とは?

  5. 根切り計画図を作成する上での3つのチェックポイントとは?

  6. 鉄筋の位置がズレたときに台直しをしても良い場合の条件とは?

  7. 揚重計画は現場を運営する上で最重要ポイントであるという理由

  8. 柱や梁の出隅部分の端部にフックが必要な理由と隠れた気配りとは?

  9. 建築現場のクリーニングで私がいつもチェックするポイントとは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

    2018.10.05

  2. 溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

    2018.10.03

  3. 鉄筋の有害な曲がりの定義と、現場で起こりがちな場面と、私の主張

    2018.10.01

  4. 非耐力壁の代表格であるW15がチドリ配筋である理由とは?

    2018.09.26

  5. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (285)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー