顧客からの依頼を最速で返す事が時短になる意外な理由とは?

Sponsored Links

 

顧客からの突然の依頼。

 

現場を運営していると施主や設計事務所などから、
時にはお願いされることがあるよね。

「あ~、資料を作成するの面倒くさいな」

と感じることがあなたにも有るかもしれないね。

 

以前

私はある体験をした。
それは、複数の会社にある設計事務所が同じ依頼を行ったのだ。

「◯◯という工法と、△△という工法のメリットを比較してほしい」

という内容だった。

 

そして、最後に一言付け加えられたのだ。

「◯◯建設にも、実は2週間前にもお願いしているんだけど、
まだ、返事がないんだよね」

とね。その◯◯建設は、私の会社より大きな会社。
きっと資料を作成したら、確実に飼料の品質では負けるはず。

設計事務所から現場への帰り道で、
私は、大手の会社に依頼していることを、
何故依頼されたのか?について考えてみた。

 

そこで、1つの仮説がひらめいたのだ。

「もしかして、急いで資料が欲しいのでは?」

実際、2週間前に◯◯建設に依頼している内容が、
いつまで経っても返答が無いから、私に依頼したのでは無いか?

 

しかし

私には、短期間で立派な資料を作成するノウハウは無い。
取り敢えず、専門業者にヒアリングをして、
味も素っ気もないエクセルの表に、
工法の比較をまとめて依頼を受けた当日中にメールで返信をした。

実際に、資料の品質は良くない簡単な表なので、資料の作成に掛かった時間は1時間も掛かっていない。

 

そして、メールに一言添えたのである。

「取り急ぎの資料なので、必要最低限の情報をまとめています。
追加の情報が欲しいとか、体裁をもう少し整えてほしいなどの、
追加の要望があれば、おっしゃって下さい。」

すると、相手からの返信は

「早速の回答ありがとうございます。
提案する資料はこちらで作成するので、
送付頂いた資料で結構です」

 

そこで、私の依頼事は終了。
その後も、何度が他の件でもやり取りをしていたけど、
最速で回答をすることにより、相手の印象に残ったのか。
会えば良く話をする仲になったのだ。

 

しかし、

取り急ぎの資料を回答して、
追加の指示を貰うという手段を取っていなかったら、
どうなっていたのだろうか?

  • きちんとした資料を作成するため時間を問われる。
  • 情報だけ欲しいのか?そのまま使える資料が欲しいのか?を間違えると、労力が無駄になる。
  • 資料作りにのめり込むと、相手の本当に欲しい内容からずれていく危険性がある。

 

だから

私は、その件以降は、最速で速報を返して、追加の指示を待つ。
というスタイルを取っているよ。
結果として、圧倒的に時間の短縮にもつながっているからね。

 

つまり

顧客からの依頼を最速で返す事が時短になる意外な理由とは、
依頼の結果を速報として簡単にまとめるだけでも、
「回答の速さ」という付加価値が付いているので顧客の満足度が上がるから。

しかし、回答までに時間が掛かると、同じ資料でも
「時間かけてこの程度か」と顧客が感じてしまう可能性が有るということ。

「回答の速さ」と「回答の資料の品質」は、実は反比例しているということ。

 

だけど

大切なのは、顧客の要求していることを間違えずに
「ピンポイント」で回答してあげることが非常に大切だよ。

相手の考えていることを想像するにはこちらの記事がオススメ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
Sponsored Links


banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 現場所長が営業する3つのルートと1つのツールとは?

  2. 施主との大事な交渉事は2人で行くべきたった1つの理由とは?

  3. 現場所長が営業!話下手や消極的な性格でも大丈夫か?

  4. お客さんの突然の質問に隠された不安の種とは?

  5. 施主との交渉術の極意【Give and Takeはどちらから?】

  6. 設計変更などの提案時に心掛けておくべき3つの事とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 異形鉄筋の公称直径・公称断面積・最外径と並んで重要な○◯とは?

    2017.11.03

  2. 鉄筋を現地で判断する最終材料、ロールマークと表示色とは?

    2017.11.01

  3. 高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは?

    2017.10.30

  4. 中途入社で1年目だと専門用語や業界の常識が分からないという悩み

    2017.10.27

  5. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

    2017.10.25

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー