建築現場の現場監督の仕事内容が「きつい」3つの理由とは?

Sponsored Links

 

建築現場、現場監督と「きつい」という検索キーワード
って実はかなりの需要がある。

 

ということは

皆の頭のなかに

 

「建築現場の現場監督の仕事はきつい」

 

という認識が蔓延していて、何が原因か興味があるということ。

 

では

何がきついのか?

今回の記事では、
仕事内容を細かく書こうとは考えていない。

他の業種の会社員とあなたを比べて
会社に入って5年までで何が大きく違うのか?

ということについてお伝えしていくよ。

 

まずは

現場監督というのは、与えられた仕事を淡々と
こなしていくような職業ではないということ。

 

つまり

与えられた条件は、何時までに、建物を完成させること。
という大きな命題に向かって進んでいくのだが、
いざ業務が始まると、「お任せ状態」であることが多い。

 

結局

自分たちでやり方を考えて、1つずつの課題を解決
していくという業務が現場監督の仕事。

 

だから

普通に与えられた仕事をこなすだけの人より
何倍も脳みそを使って考えていると感じるよ。

 

次に

建物を作る流れは誰が作るのか?

私やあなたと同じ立場の「現場監督」だよね。

 

例えば

工場のラインの仕事なら、与えられた仕事を淡々と
こなしていくだけで、自分の業務は遂行されていく。

 

しかし

その、ラインの流れを考えるのが「現場監督」の仕事。

ラインで流れ作業をするのが作業員さんだとしたら、
ラインのどこに誰を何人配置していくと一番良いのか?
を考えなければいけない。

 

これって

工場なら、かなり上の立場の人間が考えることだよね。
でも、業務として、若い頃からあなたは取り組むことになる。

 

最後に

精神的なプレッシャーが非常に大きいということ。

若手社員の頃に、いつも他の業種の人と話していて感じたことは

「現場監督の仕事ほど、若い頃から「失敗の金額が大きい」
 職業はなかなか無いこと」

 

つまり

私たちの仕事で「10万円の失敗」をすることは
結構、簡単なことだよね。

 

しかし

他の職業だと、なかなか会社入って数年で「10万円の失敗」
って、なかなかさせてもらえないんだよ。

上司に決定権があったり、組織として動いているから
あなたに責任が問われることはほとんどない。

 

でも

現場監督の仕事って、ある程度若い頃から「部分的な仕事」
を担当者として任されてしまう。
そうなると、「責任」が一緒に付いてくるのだ。

ついでに「プレッシャー」も付いてくるよね。

 

だから

当然のことながら「きつい」と感じるよね。

 

そして

普通にこなしていく実質的な業務量も多いので、
実際は、「精神的」にも、「肉体的」にも「きつい」。

現場監督として頑張っている
あなたは大変であると身にしみて感じるよ。

 

つまり

建築現場の現場監督の仕事内容がきつい3つの理由とは

  1. 与えたれた作業内容ではない
  2. 自分たちが流れを作っていく仕事
  3. 精神的なプレッシャーが非常の大きい

である。

 

更に

現場を順調に進めていくためには
あなたが日々現場を確認していく必要があるよ。

では、何を確認すべきか?については、
こちらで順序良く解説しているよ。

↓  ↓  ↓

現場監督が、最初に覚えるべきノウハウとは?

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 現場で意識しても、なぜか声が小さくで伝わらないという悩み

  2. 建設業で再出発をするが上手く現場運営出来るかという悩み

  3. 建築現場は忙しい!いつの時期が忙しさのピークなのか?

  4. 材料拾いが出来るということは仕事が理解出来ている事?

  5. 現場監督は忙しくて彼氏や彼女を作る暇が無いのは本当か?

  6. 現場監督の仕事内容【指示内容の驚くべき伝達率とは?】

  7. 新入社員は何から学べば良いのか?さっぱり分からないという悩み

  8. 現場監督の仕事内容【ラジオ体操は音楽無しでも出来るのか?】

  9. 建設会社入社までに準備しておく知識や技能は何ですか?という悩み

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仮設構造計算ソフトを暫定的に次世代足場に対応しました

    2019.08.12

  2. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  3. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  4. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  5. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ