新入社員は何から学べば良いのか?さっぱり分からないという悩み

Sponsored Links

 

誰でも新しい環境に入ると覚えることが一杯すぎて
何からどのように学んでいくことが正解なのか?
って分からないですよね。

 

しかも

先輩が専門用語を使って話してきたら

「ちゃんと日本語で話してください~」

という気持ちになっちゃうこともあるでしょう。

 

そこで

今回は、新入社員は何から学べば良いのか?についての
お悩みをご紹介します。

 

141755 Tさんからの質問
初めまして。
社会人1年目で何をしたらいいのかもわからない状況です。
現在研修中なのですが、先輩に質問してもうまく伝わらないことがあり悩んでいます。さらに先輩と話していても専門用語を使われてしまい何をいっているのかわからないこともあります。

そのために商品知識や専門用語を覚えようとしているのですが、何を覚えたらいいのかもわからないです。

このような質問で申し訳ないのですが、今何をしたらいいのでしょうか。

 

—- 回答 —-
Tさん。
おはようございます。TMです。
お問い合わせありがとうございます。

早速回答させて頂きます。

 

まずは

会社入って1年目で先輩の言っている事がわからないのは「当たり前」です。建設系の業界用語は山のように有りますし、地域によって呼び方も異なる場合もあります。

私の先輩などは、最初に配属されたときに全く面識のない地方の現場に配属されて

「どれが専門用語で、どれが日常会話の方言かわからない」

という状況だったそうです。それに比べればマシかも知れませんね。

そのために商品知識や専門用語を覚えようとしているのですが、何を覚えたらいいのかもわからないです。

このような質問で申し訳ないのですが、今何をしたらいいのでしょうか。

 

実を言うと

私は質問の内容を初めて読んだときに「中1の時の英語」に似ているなと感じましたよ。

 

なぜなら

専門用語は、私たちにとっては「英語」のように、習っていない若しくは知らない「言葉」は、さっぱり理解することが出来ないからです。

 

英語の授業でもそう。はじめは

「Hi.Mike. My name is Kenta.」

みたいな所から始めるでしょ。そして、その日に習ったセンテンスや単語を覚えていって、何年かするとボキャブラリーも増えてきて簡単な日常会話くらいは分かるようになって来ます。

 

仕事も一緒!

だとすると、今何をすればよいかについては自ずと分かって来ますよね。その日に先輩と会話をして分からなかった「専門用語」は、新しく習った「英単語」と同じように、意味や使い方を調べて明日の「授業」では使えるようになるように復習をしてみてはいかがでしょうか?

 

先輩と会話が成立するには、確かにそれなりの「知識」が必要なのは確かなので、その知識を1つ1つ身に付けていくことが非常に大切だと感じましたよ。

だからといって、「教えられる」というのを待っていてはダメですからね。自分からわからない言葉があれば積極的に調べるなどの「自発的な行為」が成長には絶対に欠かせないですからね。

それでは。

 

英語を本気で覚えたいなら「3ヶ月外国で暮らす」ことが非常に有効です。
という会話をつい最近した記憶があります。

 

であれば

3ヶ月とりあえず頑張れば、建設業界の言葉も少しずつ
分かるかも知れませんね。

 

そして

一度分かり始めた言葉は3ヶ月を過ぎると飛躍的に覚えていくそうです。

 

だとすれば

あとは、あなたに必要なのはこちらかも知れませんよ。

↓  ↓  ↓

banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 「俯瞰」と「逆算」が建設現場の運営には不可欠と言われたが具体例は何?

  2. 現場事務所の女神!TMが感動した現場事務員さんの心構えとは?

  3. 応援ばかりで現場を全て経験できずに同期との差が気になる!という悩み

  4. 入社してから同期社員と経験で差をつけられ不安だ!という悩み

  5. コンクリートの数量積算(拾い出し)を間違えずに行なうコツとは?

  6. 作業員、職人から現場監督に転職し、環境の変化への戸惑いの悩み

  7. 現場監督の仕事内容【朝礼で緊張しないための秘訣】

  8. 職人さんと上手に付き合い、順調に進めるためのコツは?という悩み

  9. 現場監督の仕事内容【作業終了時の5つのチェックポイント】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  2. 鉄筋屋さんに対し、良く計算されていると感じる柱の主筋の長さの秘…

    2019.06.12

  3. 柱リストで最初にチェックすべき現場で忘れがちなポイントとは?

    2019.06.10

  4. 柱筋のかぶり厚さは地上と地中とどちらを優先させるか?

    2019.06.07

  5. 柱筋の脚部の折り曲げ長さが150である意外な理由とは?

    2019.06.05

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (57)
  • 工種別の管理ポイント (323)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ