毎日の雑務に追われて悲劇のヒロインに陥ってしまうという悩み

Sponsored Links

 

建設現場の宿命になっているのが「仕事量が多い」ということ。

本当にやりたい仕事に加えて、毎日の雑務が増えれば
一体何をしていたのか分からないうちに1日が終わった。
という経験は、現場で数年働いている人の9割以上がしているはず。

 

逆に

現場が繁忙期なのに、毎日が暇で仕方ないという人は
全く仕事に関与していないのでは?という感じさえします。

裏を返せば、「忙しい人は現場で頼りにされている人」
とも言えますね。

 

そこで

今回は現場で活躍している女性からの悩みです。

 

Yさんからの質問
毎日雑務に追われ、何が良いのか。何がしたいのか。が分からなくなってきていて、毎日楽しんで、物事に当たれなくなってきていることが悩みです。

何と言いますか、「どうして私が…」とか「私だけ…」とか被害者意識ばかりが大きくなってきていると感じています。

また、改善しようと考えているのですが、日報を書き忘れたままになっていたりと、やらねばならないことすら、できてなくてなんだか杜撰な状態で自己嫌悪ばかりです。

 

—- 回答 —-
Yさん。
こんにちは。 TMです。
この度はTMの特典を手にしていただきありがとうございます。早速回答させて頂きます。

まず、Yさんの現状はきっとこのような感じてはないでしょうか?

↓  ↓  ↓

 

もしも、「あ~、そうそう」と言うのであれば、非常に大変な日々を過ごされていますね。

だけど、安心してください。同じような状況の中で仕事をしているのはYさんだけではありません。現に、私自身も経験しているくらいたくさんの人が同じ状況に陥っていました。私の部下もそのような人間は山ほどいました。

 

では、私の周りの人間はどう対処していたか?

  1. Yさんと同じように悩んで前に進めない
  2. 開き直って出来ることだけやる
  3. 逆境をものともせず仕事する

 

3の人は何の参考にもなりませんよね。そこで、1の人がYさんの参考になると感じるのですが、1の人に見られる共通な特徴は「真面目で仕事が出来ます」きっと、Yさんも同じでしょう。

 

真面目で素直だから「悩む」し、「仕事が出来る」から次々と仕事が舞い込んでくるのです。ここだけの話ですが、私は仕事の出来ない人に依頼はあまりしたくありません。結果がぐちゃぐちゃになるのが嫌だからです。

 

「あいつに任せれば何とかなるだろう」

そんな人に仕事は任せたい。と感じていますよ。だから、Yさんは忙しいのではないでしょうか?

 

だから

「もっと自分に自信を持って良いですよ」
「もっと自分を誉めてあげても良いですよ」

きっと、出来ていない日報というのは、Yさんの中では優先順位が低いのでしょう。スーパーマンではないので全部はとても出来ません。

 

そして、出来ていない「日報」の10倍以上に「出来ている仕事」があるはずです。昨日までより、今日までの方がこなした仕事の総量は多いはずです。

 

一歩ずつでもきちんと前に進めている自分をもう少し見つめ直しても良いのでは?と感じますよ。すると、少しは自信も出てくるでしょう。

是非、1年前のYさんと比較してみて下さいね。

それでは。

 

—- 返信 —-
TMさん。

早速メールお送り頂きまして、ありがとうございます。
メールを読ませて頂きまして、少なからず「あぁ・・・同じだ」と思いました。皆さんが通られてきた状況を、どうにかして私も突破したい。
そう思いました。

ただ「自信を持つ」ということは、とても難しい・・とも思っています。
「自身を持つ」には、客観的に己をみて判断することだと思うのですが、
己を客観的に冷静に見ることが慣れていなくて、
手っ取り早く同期や後輩と比べてしまうのだと思います。

そして、出来る人たちが多く、出来ていない自分に自己嫌悪・・・というループ に嵌ってしまうという・・・。(苦笑)

今からでも、自分を変えていきたいと思っていますので、
またメールで相談させて頂ければ、うれしいです。

以 上
末尾になりましたが、いつもメール楽しんで読ませて頂いております。
残暑厳しいですが、夏バテ等に気を付けてください。では。

Y

 

「何で私だけ…」

と感じてしまえば思考が負のスパイラルに陥ります。

 

だけど

なかなか抜け出せるための有効な手段はありません。
自分の中で解決するには、爆発しそうな思考回路の中で

「やっぱり、自分だけでは無いのかも…」

と言い聞かせる位しかありません。

 

例えば

会社や上司に忙しさを訴えることで解決するなら簡単ですが、
その様な環境にいる人が「悲劇のヒロイン」になる可能性は少ないです。

「結局、いくら言っても意味が無いから自分でするしかない!」

というある意味責任感の強い人が「悲劇のヒロイン」に
なってしまうのではないか?と私は考えています。

 

ちなみに

過去にこんな記事を書いているので合わせて読んで下さいね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 先輩によって教え方や仕事の進め方がが全く違うという悩み

  2. 自分の犯した失敗を克服する秘訣とは?

  3. やることが多すぎてパニックになり優先順位が混乱するという悩み

  4. 現場で上司から能力がないと言われるという悩み

  5. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

  6. 現場で持病などで体調が悪化したらどうするか?という悩み

  7. 新入社員は何から学べば良いのか?さっぱり分からないという悩み

  8. 建築現場の図面を理解するための第一歩に必要な知識とは?

  9. 工事写真を撮影する場合に若手職員によく見られる3つの間違いとは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 地中梁であばら筋を組み立てる前に鉄筋業者に確認すべき3つの事と…

    2019.04.08

  2. 地中梁のカットオフや継手位置は本当に正しい?私のヒヤリ事例とは?

    2019.04.05

  3. 独立基礎のはかま筋は独立基礎においては実際には不要なのか?

    2019.04.03

  4. 独立基礎の基礎と地中梁は何故レベルが違うのか?

    2019.04.01

  5. 基礎と柱のかぶりが違うから私が気に入らない件とは?

    2019.03.29

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (56)
  • 工種別の管理ポイント (306)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー