仕事が忙しいと言っても悲劇のヒーローなってはいけない理由とは?

Sponsored Links

 

どんなに仕事が忙しくても悲劇のヒーローにはなるなよ。

と、私が新入社員の頃の所長が、先輩にいつも言っていた。
新入社員の時の現場は、毎日忙しかったので、みんなで

「日付が変わるまでにはせめて帰ろうよ。」

と、言っていたような記憶がある。

 

だから

昼間は現場にずっと出ていて、夜は目一杯事務所で作業していたので、
肉体的にも、精神的にもメチャメチャ辛かった。

「あ~、何でこんなにやる事があるのだろう?」

「所長は、早く帰れて良いな~」

と、よく愚痴が出ていたね。

 

そして

忙しくなってくると、
みんな、「自分は人よりも忙しい」という発想になって来ていた。

「自分が…」、「自分が…」

「〇〇さんよりも…」、「△△さんよりも…」

 

しかし

数年後に、自分自身で

「悲劇のヒーローになるな!ってこういう事か?」

と実感した出来事があった。

実感した理由は2つ。

 

1つ目は、

「上司の方が、もっともっと大変な仕事をしている」

と言うことが分かったこと。

 

つまり

例え、体力的にはあなたのほうが大変だったとしても
「精神的な辛さ」というものは、もう雲泥の差だったね。

数年前の自分を思い出して
「あの頃の自分は、ちっぽけな事で悩んでいたな~」
と感じるようになったよ。

そう感じるようになったことは、自分自身で成長している証
でもあるとは感じるけど、歯を食いしばって頑張ったからだよね。

 

2つ目は、

「あなたの影響範囲って自分で感じているより大きい」

と言うこと。

 

なぜなら

悲劇のヒーローになってしまうと、どうしても考え方が内向きになる。
つまり、自分の中で「なぜ自分ばっかり」と考えてばかりになるから。

それの何がいけないかというと、「内向き」に悩んでしまうと

  • 他の周りの事が見えなくなる。
  • 他人に関心が無くなる。
  • 悩みが負のスパイラル的に進行しやすい。
  • やる気が出て来ない。
  • 最悪、仕事を投げ出してしまう。

等の、非常に悪い効果が付いてくるから。

 

もしも

あなたが、1人で事業をしているのなら
「どうぞ、ご勝手に!」
と気軽に言えるのだけど、建築現場の監督だと
同じようには行かないよね。

 

だって

あなたの周りには、色んな関係者がいて
一緒に仕事をしているから。

「いや~、私がいなくても関係ないよ」

もしかしたら、あなたは感じるかもしれないけど
絶対に、そんなことは無いよ。

 

それは、実際に「仕事を投げ出しそうになった時」に
周りに「愚痴」を言ってみた時にきっと分かるよ。

「あ~、みんな自分のことを頼りにしてくれているんだ」

とね。

これは、本当に私が辛かった時代に、周りの人から
教えてもらった教訓。

あなたのやっていることはきっと誰かが見ている。

 

そして、

あなたが考えている以上に、「あなたという存在」は大きいよ。

 

つまり

仕事が忙しいと言っても悲劇のヒーローなってはいけない理由とは、
上司の行っている仕事は「もっともっと大変な仕事」だから。

例え、肉体的に大変では無くても、精神的な大変さは
今のあなたとは「雲泥の差」であると感じるよ。

 

更に

あなたが悲劇のヒーローになって、もしも、仕事を投げ出してしまったら、
困ってしまう人達が廻りには一杯いること。
それだけ、あなたの影響範囲って自分が考えているより大きいこと。

 

大丈夫。

あなたならきっと出来るので、まずは自分を信じてみようね。
そうすると、きっと「やり切る力」が身につくよ。

 

あっ

「やり切る力」って何? という人はこちらがオススメ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 慣れない仕事につくと毎日小さな悩みがある。という悩み

  2. 初めて現場代理人に選任されたがやり遂げる事が出来るのか?という悩み

  3. 新しい仕事を任されたが進め方がチンプンカンプン!秘訣を伝授!

  4. 担当業務を「やり切る力」を習得しないと待ち受ける最悪の未来とは?

  5. TM式の仕事の優先順位の付け方のコツとは?

  6. メモの効果的な取り方のコツを3つのパターンに分けて解説

  7. 未知の経験に対する不安を消し去る心理術とは?

  8. 新入社員が「優秀」という評価を得る為にやっている3つの事とは?

  9. 会社の上げた利益は株主に還元されるけど社員には還元されない怒り

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  2. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  3. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  4. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  5. 鉄筋屋さんに対し、良く計算されていると感じる柱の主筋の長さの秘…

    2019.06.12

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ