一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める裏技

Sponsored Links

 

もしあなたが資格試験を目指して勉強している方で、
次のうち、ひとつでも気になることがあるならば、
読みすすめて下さい…。

 

  • 憶えても憶えてもすぐ忘れる自分の能力なんてこの程度か、と落ち込んでいる
  • うまく憶えられないと自分の年齢や能力のせいにして、ますます落ち込む
  • 復習のためにわざわざ時間をとって勉強するなんて、面倒臭いと考えている
  • 試験の膨大な記憶量に呆然としている
  • 頭が混乱して、どこから手をつけたらいいかわからない
  • 仕事が忙しくて、なかなか勉強のための時間がとれない
  • 自分は集中力が欠けていると思う
  • 資格試験の合格者は、もともと頭がいいんだ、と開き直っている
  • 小・中学生の頃から勉強は苦手だったので、自分の学習能力が信じられない
  • 自分のことを生来のナマケ者だと思っている

 

実は

ここだけの話ですが、私も含めて世の中の9割の人は
「資格勉強のやり方」を間違っていたのである。

 

例えば

私の場合であれば、資格勉強を始めようとすると最初に
「参考書」や「問題集」を購入する。まずは「入門編」からね。
それから理解が進むと「もう1つレベルの高い問題集」を購入する。
すると、ようやく試験問題に対応出来るくらいのレベルに到達する。

 

「えっ?それのどこが間違っているの?」

 

とあなたは感じたかもしれないね。

 

 

では

「一体何が間違っていたのか?」

 

と言うと「記憶のキャパシティを上げる努力をしていない」から。

 

例えるなら

小さなクーラーボックスを持って大量の魚のいる場所で釣りをするようなもの。
魚をどんどん釣り上げたとしても、納めるクーラーボックスが一杯になれば、
泣く泣く「キャッチ&リリース」しなければいけない。

せっかく手にした獲物を「手放して」しまわなければならないから。

 

では

「一体どうすれば良いか?」

 

というと

記憶力を増やす努力を資格勉強と並行しても構わないので
少しずつ始めていくことである。

 

別に

私は高額な「記憶術セミナー」に通った方が良い。
と言っているわけではなく、2冊目の問題集を買う前に
問題集と同じくらいの価格か、若しくは安いくらいの「投資」を
してみてはいかがだろうか?と提案しているだけである。

 

それで

あなたの「記憶のクーラーボックス」が大きくなったのであれば、
本当に本当に無駄な「せっかく覚えたのに本番で思い出せない」
という「記憶のキャッチ&リリース」をせずにすむから。

 

更に

  • これまでの2割の復習の努力と時間で、8割の成果を出すことが可能
  • 特に復習時において非常に大きい効果を発揮する
  • 誰にでもすぐに身につき、再現性が極めて高く、どんな試験にも応用ができる
  • 楽しい作業なので、学習しなければならないという苦痛が半分以下に減る
  • 講義を聴いたりテキストを読む段階から、重要ポイントをつかむコツがわかる
  • 短時間で復習でき、しかも、文字情報のみの時と比較して3倍以上忘れにくい
  • ビジネスにそのまま応用ができ、仕事のアイデアのまとめや記憶にも使える
  • 時間に余裕ができ、その分多く勉強したり、リフレッシュに時間を使える

という「おまけ」も得ることが出来たら幸せだよね。

 

ところで

「何故、今回わたしがこの記事を書いたか?」

というと、資格取得を1年失敗すると、1万円以上の出費が増えるから。
資格勉強の書籍や受験料などを合わせるとバカにならないよね。

 

特に

建築士などはダントツで、学校に通ったら確実に何十万円単位で
出費が増えていくからね。3年も失敗すると百万単位になるからね。

 

だから

私のブログに訪れて頂き、更にこの記事を読んでくれた
「あなただけ」には合格してもらいたいから。

 

資格に掛かる費用と膨大な時間を、

もーーーーーっと有効に使って欲しいから。

 

そのために

小さな投資をしてみませんか?というのが今回の記事の趣旨。

 

しかし

私は別に強制する訳ではないからね。
あなたの未来を決めるのは紛れもなく「あなた」だから。
行動するのも「あなた」だし、行動しないのも「あなた」だからね。

 

つまり

一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で
記憶力を高める裏技とは「小さな投資」をしてみること。

 

そして

  • これまでの2割の復習の努力と時間で、8割の成果を出すことが可能
  • 特に復習時において非常に大きい効果を発揮する
  • 誰にでもすぐに身につき、再現性が極めて高く、どんな試験にも応用ができる
  • 楽しい作業なので、学習しなければならないという苦痛が半分以下に減る
  • 講義を聴いたりテキストを読む段階から、重要ポイントをつかむコツがわかる
  • 短時間で復習でき、しかも、文字情報のみの時と比較して3倍以上忘れにくい
  • ビジネスにそのまま応用ができ、仕事のアイデアのまとめや記憶にも使える
  • 時間に余裕ができ、その分多く勉強したり、リフレッシュに時間を使える

という方法が書籍1冊分の価格で手に入るとしたら私はとてもお得だと感じるよ。
続きを知りたいあなたはこちらをクリックして手に入れよう。
しかも、150名限定なので早い者勝ちだよ。

↓  ↓  ↓

資格試験に受かる!「記憶力3倍加速プロジェクト」ビデオ講座CD-ROM&PDFセット・マッピング記憶法(マインドマップ )・プチ記憶術・高速音声インプット法をビデオで解説

  • コメント: 0
Sponsored Links


banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. インターネット上の無料の情報を結合して有益な情報に出来るのか?

  2. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

  3. 自己投資という金銭的な痛みにより得る最大のメリットとは?

  4. 現場監督が1級建築士や1級施工管理技士の資格勉強に最適な理由!

  5. 高額な学校の自己投資が無ければ資格取得が困難な3つの理由とは?

  6. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

  7. 勉強した事の理解を深める秘訣は、教えるというアウトプットか?

  8. 建築の資格の難易度は無料で太刀打ち出来るのか?

  9. 資格勉強をする時間をいつ確保するべきか?という悩み

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 異形鉄筋の公称直径・公称断面積・最外径と並んで重要な○◯とは?

    2017.11.03

  2. 鉄筋を現地で判断する最終材料、ロールマークと表示色とは?

    2017.11.01

  3. 高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは?

    2017.10.30

  4. 中途入社で1年目だと専門用語や業界の常識が分からないという悩み

    2017.10.27

  5. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

    2017.10.25

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー