一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

Sponsored Links

 

「製図試験で合格するコツは?」

と言われて私が答えるのは

 

「いかにエスキスが早い段階でまとまるか?」

 

なぜなら

合格ラインに達している受験者たちは製図そのものの技術、

 

すなわち

  • 線を綺麗に引く
  • ある程度の作図スピートがある
  • 重要な寸法・文字を忘れずに書く
  • 見た目が綺麗な図面を引く

などの基本事項は備わっていると考えるのが普通だから。
みんな、トレースだけなら上手く書ける人たちだから。

 

そこで

どこで差がつくのか?と言えば

  • そもそもゾーニングが悪い
  • 人と物などの動線計画が悪い
  • 諸室の面積が足りない
  • 法的に決められた寸法を満たしていない

などのエスキス部分が大きく影響してくるから。

 

だから

製図の試験が終わった後に

「あ~、○○室を書き忘れた」

「えっ?あのエレベーターをゾーンで共用したらイケナイの?」

「しょうがないからトイレを無理やり押し込んだよ~」

などの悲鳴を今まで私もたくさん聞いてきたよ。

 

現に

私も製図試験の時に「2階」と「3階」を書く位置が練習と違っていたので
途中まで書いていた時に間違いに気づいて、全て消しゴムで消した時は
かなりの「冷や汗」をかいた記憶があるからね。

 

しかし

「何時もエスキスが上手くいくとは限らない!」

というのは私が実感した感情だからね。

 

なぜなら

どんなに練習で上手くいっても「似た要件」で本番で出題される
という「確証」はどこにも無いから。

 

具体的には

試験本番までに何度も何度もエスキスを繰り返すけど、
内容によっては「ピタッとはまる」問題もあれば、
「何となく納まりが悪い」問題もある。

 

もしも

本番の時に「何となく納まりが悪い」問題に当たれば
合否に大きく影響してくるよね。

 

「もう一年、この苦しみと同じ物を味わうなんて嫌だ!」

 

「あ~、一級建築士にいくらつぎ込んだんだろう」

 

というあなたの気持ちは良く分かるよ。

 

そこで

本番のエスキスで失敗しない為には「数をこなす」事と
「様々な考え方」を参考にする事かな。

 

ここで言う「様々な考え方」とは、もしも本番で行き詰まって
しまった時の突破口になる可能性があるからね。
決してメインの考え方でなくても良いけど、「溺れた時のワラ」
として用意しておくと非常に効果的であると感じるよ。

 

つまり

どんなに製図試験の為の勉強や練習を積んでも、
「本番でエスキスがまとまらないかも知れない」
という恐怖が0になることはない。

 

実際には

練習を積めば積んだだけ本番で失敗する確率は減る。
と私は考えているけど、その通りにならずに、
何年も何年も挑戦している人も同時に知っている。

 

だから

溺れそうであれば、つかめる「ワラ」は
あらかじめつかんでおくのも1つの作戦だね。

 

もしも

つかむべき「ワラ」を悩んでいるなら
こちらを手にされてみてはいかがだろうか?

既に200名以上の方が手にされているからね。

 

また

来年の製図の学校代を考えると圧倒的に安いし、
あなたから製図の恐怖を拭い去って明るい未来を
つかむためには「選択肢は1つでも多い」ほうが良いよ。

↓  ↓  ↓

一級建築士設計製図試験 「エスキス合理化テクニック」

 

  • コメント: 0
Sponsored Links


banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 試験勉強で陥りがちな挫折してしまうパターンの人の特徴とは?

  2. 勉強した事の理解を深める秘訣は、教えるというアウトプットか?

  3. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

  4. 自己投資という金銭的な痛みにより得る最大のメリットとは?

  5. インターネット上の無料の情報を結合して有益な情報に出来るのか?

  6. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める裏技

  7. 現場監督が1級建築士や1級施工管理技士の資格勉強に最適な理由!

  8. 建築の資格の難易度は無料で太刀打ち出来るのか?

  9. 高額な学校の自己投資が無ければ資格取得が困難な3つの理由とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 異形鉄筋の公称直径・公称断面積・最外径と並んで重要な○◯とは?

    2017.11.03

  2. 鉄筋を現地で判断する最終材料、ロールマークと表示色とは?

    2017.11.01

  3. 高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは?

    2017.10.30

  4. 中途入社で1年目だと専門用語や業界の常識が分からないという悩み

    2017.10.27

  5. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

    2017.10.25

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー