鉄筋工事における建築工事監理指針による基本要求品質とは?(材料編)

Sponsored Links

 

鉄筋工事における基本要求品質とは?

と言われて、すぐにあなたは答えられるかな?
きっと、何と無く頭に浮かんでくるけど上手く言葉に出来ない。
という人が多いのでは?と私は感じるよ。

 

実は

私も同じで、後で答えを聞くと知っていることばかりだし
当然確認している当たり前の事だけど、それが基本要求品質と
意識しながら仕事をしている訳ではなかった。

 

まずは

答えから見てみよう。
建築工事監理指針(令和元年版上巻) [ 国土交通省大臣官房官庁営繕部 ]」では

 

P.286

(1) 鉄筋工事では,使用するコンクリートの強度との組合せにおいて必要な品質性能の鉄筋コンクリート構造物となるように,その種類が設計図書に指定される。基本要求品質としては,指定された組類の材料が工事に正しく使用され.その本数や配筋状態に誤りがなく,定着や継手が正しく施工されていることであり,このことを証明できるようにしておく必要がある。

具体的な例としては.使用する鉄筋材がJISマーク表示品であれば,ミルシート及びチャージ番号の表示された鋼板(メタルタック)並びに製造所,加工場から現場までの経歴を証明する資料を整備することが考えられる。

 

ここで

具体的な例として上がったのが「ミルシート」と「鋼板」
この辺りは、きっと9割の現場が「大切なもの」として
認識をして程度の差はあれそこそこ管理されているのでは?
と私は感じている。

 

そして

具体的にどのようにすれば良いかと悩んでしまうのが
「製造所,加工場から現場までの経歴を証明する資料を整備すること」
という部分では無いだろうか?

製造所からの加工品、例えば「溶接閉鎖型フープ」などは
「出荷証明書」という形で第三者に対して説明できる。

 

しかし

鉄筋業者の加工場から現場までの「経歴を証明」する書類が難しい。
鉄筋加工場の現状として鉄筋材料を現場ごとに管理出来ている工場は
実は1割にも満たないのでは?と感じている。

 

なぜなら

1つの現場だけをしていれば会社が回るという訳ではないので
常に複数現場の鉄筋材料が加工場に存在する可能性が高いから。

もしかして、他の現場の材料を使ってあなたの現場の加工をしても
「同じメーカー」の材料であれば見分けることが不可能だろう。

 

もしも

鉄筋にICタグがついていたとしても、切断して加工したものが
果たして判別できるのか?という次元だからだ。

 

すると

現実的には、加工場を信用して現場に入ってきた材料は、
あなたの現場の「種別」「径」「寸法」を満たした材料だ、
という受入検査簿をされていて作成するのが良いのかな?
と感じるよ。

 

そこで

大切なのは工事監理者さんや第三者検査機関の人などに
質問されたときに言葉を詰まらないように事前に「加工場の確認」
をされておくことをオススメしておくよ。

 

つまり

鉄筋工事における基本要求品質とは、

材料の面から言うと、鉄筋材がJIS製品であれば、
ミルシートやメタルタグがしっかりと管理されていて、
かつ材料の搬入経路、及び加工場での材料管理がなされている
ということが条件となる。

そのためには、あなた自身若しくは鉄筋担当者が加工場を
しっかりと確認しに行って記録に残しておくことが
非常に大切だと感じるよ。

 

ちなみに

あなたは基本要求品質って言われて、すぐ答えられたかな?
こちらの記事も合わせて読むと理解が深まるよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. クレーンや工事用エレベーターを設置したら遅滞なく表示するべきもの

  2. 既製コンクリート杭のロットで支持層は確認できるのか?

  3. 鋼管杭の特徴とは?既製杭や場所打ち杭に比べてどうなの?(3)

  4. 仕様書通りでもどこかに違和感?防湿層はどのレベルに敷くのか?

  5. ガス圧接の継手面における鉄筋の切断加工で推奨されない工法とは?

  6. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(10)

  7. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

  8. 施工計画書の裏側!添付資料はあなどるな!検査であせった出来事とは?

  9. スラブ段差の配筋等に関する設計者と現場と作業員の攻防とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. ガス圧接、溶接継手、機械式継手の全数外観検査を楽にする裏技とは?

    2020.06.01

  2. 雨天時は何故ガス圧接作業が中止になるのか?天候との意外な関係

    2020.05.29

  3. ガス圧接の最大の品質管理のポイントは切断面だった?

    2020.05.27

  4. ガス圧接の常識は縮むこと!常識が引き起こす3つの弱点とは?

    2020.05.25

  5. ガス圧接可能なのはどれ?異種、異径、ネジ鉄筋、高強度、製造所違い

    2020.05.22

  1. 在宅勤務になり建築現場に配属されない時の学習方法は?という悩み

    2020.04.20

  2. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  3. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  5. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ