建築現場を同業者や一般の人の目で見ると分かる発見とは?

Sponsored Links

 

建築現場で働いていると、
どうしても仮囲い(工事現場を囲っている塀)
の中ばかりが気になってしまう。

 

まさに

「塀の中」で仕事をしている状態。

 

しかし

あなたはきっと気づいていないけど
現場に関係ない人も結構あなたの現場を見ているよ。

近くに住む人や、いつも通りかかる人

そして、一番あなたの現場を気にして見ているのは
「同じ建設業界の人」。

 

でも

私の現場は、小さな小さな現場だよ。
という人も安心してはいけない。

 

なぜなら

私は、現場の大小に限らず近くに現場があると
興味津々で思わず見てしまう。

ある意味「職業病」だ。

 

でも

他の会社の現場を外からでも見ていると
本当に勉強になる。

 

例えば

  • 仮囲いの綺麗さ
  • 外部足場のシートの張り具合
  • 現場のゲートの隙間から見える情景
  • クレーンなどの計画性

などを、私は重点的にいつも見ている。

 

でも

なぜ見ているかって?

 

それは

人の良い所や悪い所を盗んで自分のものにしたいため。
つまり、勉強のために他の現場を見ているのだ。

結果、考え方が全く違っていたり、想像もつかない工法を
見てしまうと思わず見入ってしまう。

目が釘付けになって、
「スゲ~」と心のなかで叫んでしまう。
時には、自分の考え方が180度変わる瞬間もある。

そのくらい印象的で衝撃的。

 

だから

あなたもまず人の現場を興味を持って
見てみることを是非おすすめする。

 

きっと

何かしらの新しい発見があるよ。

 

そして

他の現場で気づいたことを自分の現場で活かすことにより、
自分の現場が1ランクレベルアップするし

今度は、自分の現場の中だけでも
新しい発見が出来るようになる。

自分で気づくことが出来たらメッチャ嬉しいし、
気づいたことが改善されたらもっともっと嬉しい。

 

つまり

建築現場を一般の人の目線で見ることにより
「自分たちの現場の見え方が180度変わる」。

いつも、現場の中の人間として、現場の中から外しか
見ていなかったけど、

自分の現場を客観的に見ることにより
今まで気づかなかった不具合に気づくこともある。

 

そのためには

自分の他の建築現場を客観的にみることがオススメ。
他の現場を見て気づいたことを良いことも悪いことも
自分の現場に活かしてみよう。

 

そして

客観的に現場を見ることが出来るようになると
現場の中でも今まで気づかなかった色々なことを
発見できて、もう1ランク上の現場管理が可能になる。

 

だから

少しずつでいいから頑張ってみようね。
次回は、

2,一般の人が通行するにあたって危険な箇所は無いか?

についてお伝えするよ。

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 道路を占有する場合に注意しなければいけない3つの視線とは?

  2. クレームの多い近隣さんを攻略する裏ワザとは?

  3. 交通量の多い道路を使用して作業する場合の心構えとは?

  4. 建築現場で一般の人を怪我させないために気をつけるべき思考とは?

  5. 仮囲いの外から自分の現場を眺めると気づく3つのポイントとは?

  6. 近隣さんからクレームが来ないようにするための秘訣とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仮設構造計算ソフトを暫定的に次世代足場に対応しました

    2019.08.12

  2. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  3. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  4. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  5. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ