建築現場での報連相不足はどんな問題を引き起こすのか?

Sponsored Links

 

報連相というのは報告・連絡・相談のこと。

複数人で仕事を勧めていくためには欠かすことの出来ない
コミュニケーションと一般的に言われている。

では

建築現場において報連相を怠ると一体どんな問題があるのか。
というのが今回のお問い合わせだよ。

 

Yさんからの質問 建築現場でよく、報連相不足による問題が多々起きると聞きますが、どんな問題が建築現場では起きますか?
141755

 

ここから回答

Yさん。
こんばんは。

TMです。
お問い合わせありがとうございます。

早速回答させていただいています。

建築現場に限らず、どこの職場でも報連相の不足によるトラブルは発生していると感じますが、その中でも現場で有りがちなトラブルを項目別にいくつかお伝えするので参考にしてくださいね。

基本的に、報連相不足のトラブルというのは、単なるコミニュケーション不足が9割です。伝えるべき事をしっかりと伝えておけば何でも無いことがほとんどだと考えています。

 

『安全管理』

  • 安全設備を取り外したり危険な状態になっているのを作業員さんに伝えなかった為に事故を起こしてしまう。
  • 事故などが発生した報告を上司にしなかった為に、対応が遅れてトラブルになる。
  • 作業の計画や順序を上司に相談なく変更をした為に、危険予知が不十分で事故が発生する。

 

『工程管理』

  • 作業が順調に進んでいないのに、誰にも言わなかった為に、次工程の作業員さんが手待ちになってしまう。
  • 作業の進捗が工程通りに進まないために、クレーンなどの段取りの変更を忘れて、更に作業が遅れてしまう。
  • 急な搬入などの依頼を受けていたが、誰にも連絡、相談していなかった為に予定がダブってしまう。

 

『原価管理』

  • 失敗して余計な費用が掛かったことを誰にも言わずに、最終的に業者からの追加見積もりが上がってくる。

 

『品質管理』

  • 現場で品質的に失敗したことを誰にも相談しないまま次の工程に進めてしまった為に、やり直しの規模が大きくなる。
  • 現場で納まりを勝手に変えてしまった為に、次の工程の材料が使えなくなってしまう。
  • 図面を他の職員や工種の違う作業の担当者に伝えていなかった為に、食い違いが発生して製作ものが使えなくなってしまう。
  • 現場で品質的に失敗したことを誰にも言わなかった為に、数年後に漏水などのトラブルが発生する。

 

などなどです。

他にもあるだろうけどイメージ湧くようなトラブルが有りましたか?

 

ちなみに

日頃の挨拶や日常会話が多い現場の方が、失敗しても前向きに対処しようとする雰囲気があるので上手く現場が進んでいきます。

 

逆に

日頃のコミニュケーションが不足している現場では、1つのトラブルをきっかけに雪だるま式にトラブルかま増えていくので、Yさんの現場では注意して頂けると幸いです。

それでは。

以上で回答は終わります。

 

—- 回答ここまで —-

 

どんなにIT化や現場の効率化が叫ばれていても
本当に現場で大切なのは「人と人とのコミニュケーション」
であると私は確信している。

 

なぜなら

建築現場というのは決して1人で完結することが出来ないから。
自分で作業をしなくても、実際に作業してくれる人がいるわけだし、
色んな人とコミュニケーションを取ることにより現場が進捗し、
更に、ディスカッションを繰り返すことで建物がより良いものに
なっていくと私は信じているからね。

 

ちなみに

「報連相」については、過去にこんな記事も書いたので合わせて読んでね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 仕事が忙しいと言っても悲劇のヒーローなってはいけない理由とは?

  2. 自分の犯した失敗を克服する秘訣とは?

  3. 上司や先輩の意見を聞きスキルアップする為に必要な3つの考えとは?

  4. 新しい仕事を任されたが進め方がチンプンカンプン!秘訣を伝授!

  5. 現場監督を始めるのは24歳では遅いのか?という悩み

  6. 上司や職人に言われたことをついつい後回しにして怒られる!という悩み

  7. 上司に対して能力が無いと感じた時の操縦方法の秘訣とは?

  8. 応援ばかりで現場を全て経験できずに同期との差が気になる!という悩み

  9. 施工管理技士・現場監督として現在の待遇に不満のあるあなたへ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  2. 地中梁の打ち増し部の鉄筋の端部は定着する必要があるのか?

    2018.09.19

  3. レーザー墨出し器はグリーンレーザー良いと聞くけど高額では?とい…

    2018.09.14

  4. 隅柱や側柱において3次元的に考えるべき納まりとは?

    2018.09.12

  5. 柱と梁が同面でも勝手に配筋をしてはイケない理由とは?

    2018.09.10

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (281)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー