掘削工事を実際に施工するうえで注意すべき大原則なポイントとは?

Sponsored Links

 

土工事のメイン作業は掘削・床付の作業。
つまり、基礎工事を進めていく上で所定の高さに土を掘り、
床付面を仕上げて砕石を敷き捨てコンを打設する準備をする作業である。

 

そして

掘削作業を行なう上で大原則なポイントがある。

 

それは

床付面を荒らさないこと。

特に、杭工事の有る独立基礎ならまだしも、直接基礎の場合は、
建物全体の品質問題にもつながってくるからである。

 

もしも

床付面において、所定の地耐力を得ることが出来なければ、
建物の不同沈下を巻き起こす原因となる可能性が十分にあるから。

建物の不同沈下が起こると、様々ところにクラックが発生してしまい、
傾斜してしまった建物を直すのに、ジャッキアップ工法などで
莫大に費用が発生する可能性も十分にある。

 

でも

そんなことは、あなたは十分に分かっているはず。
そして、作業員さんも知っているはず。

 

では

なぜそんな当たり前の事をわざわざ書くのか?
当たり前すぎて、記事にする必要は無いのでは?

と感じるかもしれないけど、
机の上で分かりきっていることを、実際の現場で
その通りに実践することって意外に難しい。

 

まずは

しっかりと床付けの計画図を作成しなければいけない。
もしも、床付高さが間違っていれば、図面通りに施工しても、
所定の品質は得られない事になってしまうからね。

 

そして

現場で基準のレベルを間違えずに出して、
基準レベルより床付レベルを1つ1つ確実に出していく

 

それから

実際に、掘削作業を行なうときも床付面より掘り下げないように
レベルを確認しながら慎重に掘り進めていかないといけない。

間違っても、適当なレベルで掘って後から所定の高さに戻しちゃダメだよ。
そうなると、絶対に後で苦労してしまうからね。

 

この辺りの意識を、実際の担当職員と作業員さんの全員が理解して、
「しっかりと施工しよう」という意識をきちんと共有できていないと、
散々たる結果が待ち受けてしまうからね、

 

つまり

土工事を実際に施工するうえで注意すべき大原則なポイントとは、
「床付面を荒らさないこと」である。特に、杭基礎ではなく直接基礎の場合は、
建物の不同沈下など後々多大な費用のかかる瑕疵の原因となりかねない。

 

だから

床付計画図を事前に作成して、作業員さんに間違えの無いように
しっかり指示を行い、良い品質を確保しようね。

 

あっ

土工事の安全作業に関することについては
こちらで記事にしているので合わせて読むとより理解が深まるよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 鉄筋の加工で熱曲げ加工やアーク溶接をしてはイケない理由とは?(1)

  2. クレーンや工事用エレベーターを設置したら遅滞なく表示するべきもの

  3. 杭頭補強のパイルスタッド、NCPアンカー、中詰め補強筋工法について

  4. 場所打ち杭の検尺って本当に当てになるのか?という疑問

  5. 建設現場で水質汚濁防止法違反になるケースとは?

  6. 足場も仕事も足元が肝心!チェックすべき3つのタイミングとは?

  7. ガス圧接の継手面における鉄筋の切断加工で推奨されない工法とは?

  8. 再生砕石が余ったり仮設で使用後に搬出するのは産業廃棄物か?残土か?

  9. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(何故必要か?)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

    2018.10.05

  2. 溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

    2018.10.03

  3. 鉄筋の有害な曲がりの定義と、現場で起こりがちな場面と、私の主張

    2018.10.01

  4. 非耐力壁の代表格であるW15がチドリ配筋である理由とは?

    2018.09.26

  5. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (285)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー