建設キャリアアップシステムで期待する未来!TMの感じた13の視点(7)

Sponsored Links

 

前回は、13個のうち8つ目までをお伝えしたよ。
今回はその続きから進めるね。
また、最初から読みたいあなたはこちらから。

では、早速始めよう。

 

9,安全書類の自動化

 

9つ目は

建設キャリアアップシステムのデータ仕様を公開することによって
様々な安全書類のデータ化の商品などが出てくることが期待される。

現在は、一部のサービスや会社独自のシステムが使用されており
地元の会社の裾野まで広がっているとは言い難い状況ではないか?
と一個人として想像している。

 

そして

実際には、手書きの会社は稀かもしれないがエクセルを使用して
安全書類を作成している会社もまだまだ多いはず。

 

すると

健康診断の更新や必要資格の写しなどを「誰か」が管理することと
なり、確認を行うと「期限切れ」などの状態を常に招く危険性がある。

 

だから

元請けとしても、下請けとしても「誰か」ではなくシステムが「自動的に」
管理できるシステムを利用することは、お互い忙しい毎日において
「労力が削減」されることは間違いないので、「共通データ仕様」を
介して、システム開発が進むことで建設業に携わる「みんな」が楽に
なってほしいと切に願っている。

 

10,出面管理の重要性と面倒臭さ

 

10個目は

建設キャリアアップシステムを使用して作業員の入場記録が残る
ことによって、出面を集計することが可能になるだろう。

現状は、建設キャリアアップシステムで入退場管理は出来ない
仕様に現在はなっているけど、データを連携することによって
出面や入退場を管理することが出来るシステムが出来るかも。

 

もしくは

入退場管理システムのデータを建設キャリアアップシステムに
送信することによって、結果的に出勤データが蓄積されるように
なることも十分に可能性としてはある。

 

結局

毎日の出面を管理したり、出来高から施工歩掛を算出することも
非常に知識やデータとしては重要なのは頭でわかっているが、
面倒くさいというのが正直な所だろう。

実際には、入退場管理などのシステムを現状使用している
会社もあるけれど、日本中の会社の数から比べれば
ほんの僅かに過ぎないというのが現実だからね。

 

11,歩掛データの活用

 

11個目は

作業員さんたちが1日あたりにどのくらいの仕事をこなせるか?

という目安が「歩掛」であり、元請けにとっても協力会社にとっても
どちらに対しても重要な数値である。

 

まず

元請けとしては、同様の条件で今後工事が行われる場合の
工程や施工人員確保の目安になるため、個人の知識だけでなく
会社全体の資産になるデータである。

 

また

実際に作業する協力会社にとっても、様々な条件での歩掛を
把握しておくことは同様に重要であり、見積もり時の金額や
実際に工事を行う場合の人員配置に活用される。

 

そこで

注目すべきは、立場の違う2者の「求めるデータは同じ」ということ。

 

もしも

建設キャリアアップシステムを通じて共通のデータを蓄積し
元請けと協力会社がお互いにデータへアクセス出来れば
両者の立場に即した使用方法が1つのデータから得られるので
一石二鳥なのではと私は感じるよ。

 

ただ

建設キャリアアップシステム自体ではすぐにカバーされない
だろうから、派生する周辺システムを共通して使用しなければ
いけないという問題があったり、

実際の入力作業を誰がするか?という問題があるけど、
作業員さんの実際の作業の振り分けは協力会社側で行うので、
入力するのは協力会社側が主に行う方がスムーズかな?
と私は感じるけどね。

では、長くなりそうなので続きはまた次回。

banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 建設キャリアアップシステムで期待する未来!TMの感じた13の視点(6)

  2. 建設キャリアアップシステムで期待する未来!TMの感じた13の視点(1)

  3. 建設キャリアアップシステムで期待する未来!TMの感じた13の視点(4)

  4. 建設キャリアアップシステムで期待する未来!TMの感じた13の視点(5)

  5. 建設キャリアアップシステムで期待する未来!TMの感じた13の視点(3)

  6. 建設キャリアアップシステムで期待する未来!TMの感じた13の視点(9)

  7. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

  8. 建設キャリアアップシステムで期待する未来!TMの感じた13の視点(8)

  9. TMがテレビやネットのニュースを見ていて一番「不快」な言葉とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  2. 地中梁の打ち増し部の鉄筋の端部は定着する必要があるのか?

    2018.09.19

  3. レーザー墨出し器はグリーンレーザー良いと聞くけど高額では?とい…

    2018.09.14

  4. 隅柱や側柱において3次元的に考えるべき納まりとは?

    2018.09.12

  5. 柱と梁が同面でも勝手に配筋をしてはイケない理由とは?

    2018.09.10

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (281)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー