工程管理において出面や歩掛が重要な理由とは?

Sponsored Links

 

出面(でづら)、や歩掛(ぶがかり)って何?

 

会社入って、「とりあえず作業員の人数を毎日付けとけ」
って言われたけど、どんな意味があるんだろう?

と疑問を感じたあなたへ。

今回は、出面や歩掛についてお伝えしていくよ。

 

まず

出面とは、作業員さんの人数のこと。
新入社員が出面を取らされる理由は2つ。

 

1つは、現場では「無災害記録」というものをつけている。
つまり、現場で何人働いて(何時間働いて)無災害が続いているか?
という記録なのだが、毎月会社に報告したりする。

「ただ人数を集計するだけって、面倒くさい」

と感じるため、事務屋さんが集計したり新入社員にやらしたり
しているのが一般的。

 

2つ目は、工程を管理するための基礎資料を肌で感じて貰うため。
つまり、歩掛を把握してもらうためである。

具体的に言うと

100m2のタイル貼り作業を2人が5日かけて行ったとする。
2人で5日掛かったので10人・日(人工・工数)である。

作業量を人工で割ると
100/10=10m2/人・日となる。

この10m2/人・日と言うのは、作業員さん1人が1日あたりに
作業できる数量なのである。

 

これが「歩掛」である。

 

そして

自分で工程を書く時に、

1000m2のタイル貼り作業があって、10日で終わらすためには
作業員さんを何人用意する必要があるのか?

5人の作業員さんの班で、1000m2をこなすには何日必要か?

という疑問を解決できる方法が、歩掛を使うという手法なのだ。

 

ちなみに

先程の疑問はそれぞれ

1000m2/10日/10人・日=10人
1000m2/5人/10人・日=20日

となる。

 

ただし

歩掛というのは、作業条件で大きく変わるので
自分の持っているデータと比べて作業しやすいのか?
それとも、作業しにくいのか?はよく考慮する必要があるので注意。

 

だから

歩掛を計算するためには、出面が必要なのである。
それが、新入社員が人数を数えさせられる本当の理由。

 

もしも

あなたが、人数を集計してそれで終わり。にしているなら
非常にもったいない事をしている。と感じるよ。

 

更に

全体の人数だけ集計して、個別の作業班ごとにデータを
まとめていないのであれば、超もったいない。

 

なぜなら

将来的に、あなたが工程表を各年代になった時に必要な
「大切」な財産を築くチャンスを失っている可能性が
非常に大きいからである。

今からでも遅くないので、出面の取り方を
個別の作業班で集計していくように考えなおしたほうが良い。

 

つまり

「出面」とは作業員の人数。
「歩掛」は作業量を人数で割った1人・1日当たりの作業量。

出面や歩掛は将来的に工程を管理するための第一歩である。
いざ自分で工程を書く時に参考になる基礎資料を若いうちから
キチッと集めておくと非常に効果的。

 

更に

現場の工程管理の第一歩はこちらから始めると効果的。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
Sponsored Links


banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 工程管理の第1歩【明日作業できる状態か?】

  2. 工程がきつい突貫工事の工程表を書く場合の最大の悩みとは?

  3. 工程表の線が適正かどうかの検証は実は難しいという事実

  4. 職長さんと工程について話をする時のたった1つの秘訣とは?

  5. 電気・機械設備業者の工程を確保するメリットとは?

  6. 工程通りに作業員を確保するために普段から実践すべき事とは?

  7. 工事現場の全景や進捗状況を毎日写真撮影しておくメリットとは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 異形鉄筋の公称直径・公称断面積・最外径と並んで重要な○◯とは?

    2017.11.03

  2. 鉄筋を現地で判断する最終材料、ロールマークと表示色とは?

    2017.11.01

  3. 高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは?

    2017.10.30

  4. 中途入社で1年目だと専門用語や業界の常識が分からないという悩み

    2017.10.27

  5. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

    2017.10.25

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー