工事現場の全景や進捗状況を毎日写真撮影しておくメリットとは?

Sponsored Links

 

工事写真を撮影するついでに、
若い頃はよく全景や施工状況写真を良く撮影していた。

 

それは

別に工事黒板を入れるわけでもない普通のスナップ写真である。
だから、写真を撮影したからといって成果物として使用することはない。

 

しかし

次以降の現場において、何となく撮り貯めた全景や施工状況写真が、
実際に役に立つ事が案外多いことに気がつく。

 

例えば

あなたが工程表を初めて書くときに、掘削の進捗が、前の現場で
毎日どのくらい進んでいたのか?を確認したいこともある。

 

もちろん

工程の実施記録や歩掛をしっかり取っていれば良いけど、
そうでない場合は、手探りで工程を引くことになりかねない。

 

しかし

毎日のスナップがあれば、大体の工事の進捗状況が分かるし、
その時に苦労したことや、次に活かしたいことも思い出すかもしれない。
そして、より現実味のあるスムーズな工程表を書くことが出来る。

 

更に

図面をチェックしていたり、工程の順番を書く時に

 

「あの現場の時どうしてたかな~」

 

とふと疑問に感じることも多い。

 

しかし

大抵の場合は、記録や写真が有るわけでもなく、
おぼろげな記憶を頼りに何となく施工することも多々ある。

 

そこで

「あ~!しまった~。ちゃんと撮っておけば良かった~」

と感じても後の祭りだよね。

 

だから

まだまだ、自分で修行中の身で覚えることは山程ある。
と感じているあなたは、ぜひ日々の全景や施工状況を
スナップ状態で良いので撮影しておくと、後々役に立つ。

 

更に

写真を撮るということは、立ち止まって「デジカメの画面」
を覗くので、普通に現場を見るより記憶に残りやすい。
だから、現場の状況を把握するのにも役に立つはずだよ。

 

結局

デジカメだと、何十枚余計な写真を撮影しても、
費用は掛からないので、「撮ったもん勝ち」という気持ちで試してみてね。

 

つまり

工事現場の全景や工事の進捗状況を毎日写真撮影しておく
メリットとは、次の現場などで「工程表を作成する時」に、
流れや進み具合を確認できるためである。

 

更には

「あの現場の、あの部分どうやっていたかな~」

という中々思い出せない部分も写真を確認することで、
思い出すことが出来たりする可能性は高いということ。

 

そして

「撮っていなくて怒られる」事があるのが工事写真。
でも、「撮り過ぎていても決して怒られない」のも工事写真。

 

だったら

撮り過ぎるくらい撮っておいた方が得だよね。
だって、こんなことにはなりたくないからね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 工程管理において出面や歩掛が重要な理由とは?

  2. 職長さんと工程について話をする時のたった1つの秘訣とは?

  3. 工程管理の第1歩【明日作業できる状態か?】

  4. 工程通りに作業員を確保するために普段から実践すべき事とは?

  5. 電気・機械設備業者の工程を確保するメリットとは?

  6. 工程表の線が適正かどうかの検証は実は難しいという事実

  7. 工程がきつい突貫工事の工程表を書く場合の最大の悩みとは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. 躯体工事の優劣を決める型枠工事の役割と種類を整理しておこう

    2020.12.02

  2. コンクリートの外力からの養生は必要!打設後1日目は何が出来るの…

    2020.11.30

  3. コンクリートの湿潤養生は散水だけでなく型枠の脱型にも影響する?

    2020.11.27

  4. コンクリート打設は一発勝負!床仕上げで失敗しない5つのコツとは?

    2020.11.25

  5. コンクリート打設のバイブレーター(棒型振動機)に関する5+1の…

    2020.11.20

  1. 一級建築士の資格勉強を始める時期はいつからか?という悩み

    2020.08.07

  2. 在宅勤務になり建築現場に配属されない時の学習方法は?という悩み

    2020.04.20

  3. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  4. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  5. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ