建築現場で良く使用される揚重機(クレーン)の種類を簡単解説

Sponsored Links

 

今回は、いつもと少し趣向を変えて建築現場でよく使用される揚重機を
簡単にまとめてみたよ。

自分が計画する時にどの揚重機を使えばよいのか?
会社に入ったばかりで、揚重機の特徴が良く分からない。

という悩みがある人向けの記事だよ。

 

種   類 特   徴
ラフテレーンクレーン・トラッククレーン 数時間や1日単位で手配ができる1番一般的な揚重機である。

クレーンを常駐したほうが良い1ヶ月に半分以上使用するような場合以外の現場では、1番コストメリットがある。

ただし、下記にでてくる常駐型のクレーンの方がメリットがあると感じたのであれば、常駐型のクレーンを選択したほうが良い。
逆に、下記のクレーンと比較しても常駐型のクレーンのメリットを感じることが出来なければ、ラフテレーンクレーンやトラッククレーンを選択したほうが良い。

タワークレーン 高層の建物によく使用されている。ラフテレーンクレーンなどでは届かないような高さの建物の場合はタワークレーンを使用するほか無い。

また、タワークレーンはクライミングと言って、建物の高さに応じてクレーンの高さを帰ることが可能である。
クライミングの方法は、地上面などに基礎などを設置するタイプと、建物の梁などでタワークレーンの重量を持たせてクライミングするフロアクライミング式があり、超高層建築物に用いられる事が多い。

タワークレーンの計画においては、タワークレーンは平面方向に移動しないので、建物が横に広い形状の場合は設置するメリットは少ない。

タワークレーンは、能力の小さなものは運転席がなくリモコンで操作できるタイプと、能力が増すに連れて運転席が設置され、専用のオペレーターを置くことが多いので、オペレーターを設置する場合は費用をしっかり予算の中に含めておくことが大切である。

水平ジブクレーン タワークレーンに比べて、ジブの起伏が無いパターンのクレーンである。

比較的建物の高さが抑えられていて、平面形状が広い建物に適している。下記のクローラークレーンとコスト及び、作業半径を検討してメリットが有れば採用する価値は十分にある。

更に、ジブクレーンの種類では、足元にレールを取付けて水平移動できるタイプもあるので、条件に合えば検討してみるのも面白いと感じるよ。

クローラークレーン キャタピラが付いているので、鉄板上を自由に移動して資材を吊り上げる事が出来るのが最大のメリットである。

適しているのは、建物の平面形状が広い物件でクレーンを移動することにより、作業をまかなうことが出来るような建物が適している。更に、ラフテレーンクレーンよりも一般的に作業半径も広く、吊り荷重も大きいので、

  • 基礎の作業で作業半径を稼ぎたい。
  • 鉄骨を建物の外部から建て方をしたい。

と言った場面では使用されることが多い。オペレーターが必ず付いているので、工区が複数ある中を兼用してまかなう様なシチュエーションの場合は非常に効果を発揮する。

 

 

 

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 柱・梁の断面算定の考え方と鉄筋の納まりの実態との差とは?(1)

  2. スラブ配筋を描いて!と言われてつまずきやすい3つのポイントとは?

  3. コンクリート打設でトラブルになりそうなポイントとは?(梁・スラブ編)

  4. 足場の積載荷重は何を基準に決まるのか?建枠か?鋼製布板か?

  5. 鋼矢板で先行掘削をした時の私の犯した過去の失敗例とは?

  6. 鉄筋のスペーサーは縦向きか?横向きか?充填性と強度の矛盾について

  7. 溶接金網の基本事項と私がやりがちなたった1つの失敗とは?

  8. 溶接継手と機械式継ぎ手のメリットとデメリットとは?

  9. 鉄筋の加工で熱曲げ加工やアーク溶接をしてはイケない理由とは?(1)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. コンクリートの外力からの養生は必要!打設後1日目は何が出来るの…

    2020.11.30

  2. コンクリートの湿潤養生は散水だけでなく型枠の脱型にも影響する?

    2020.11.27

  3. コンクリート打設は一発勝負!床仕上げで失敗しない5つのコツとは?

    2020.11.25

  4. コンクリート打設のバイブレーター(棒型振動機)に関する5+1の…

    2020.11.20

  5. コンクリートの水平・垂直打継に関する11の基本的な知識とは?(…

    2020.11.18

  1. 一級建築士の資格勉強を始める時期はいつからか?という悩み

    2020.08.07

  2. 在宅勤務になり建築現場に配属されない時の学習方法は?という悩み

    2020.04.20

  3. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  4. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  5. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ