仕上げの墨出しを任せたた場合に妥協してはいけないポイントとは?

Sponsored Links

 

1m上がり等の仕上げの基準となる墨出しを行う時は、
型枠大工さんだったり、測量屋さんだったり
他の誰かに頼むことが多い。

 

しかし

墨を出し終えた後に確認に行ってみると、

「出しやすい所へ墨を出したのか?」

「使いやすい所へ墨を出したのか?」

という意識の違いがよく分かる。

 

具体的には

私が、「こいつ楽したな」と1番感じる仕事っぷりは、
躯体の墨出しの時点で出ている1m返りの墨を、
そのまま縦に仕上げ墨としてあげているパターン。

地墨にレーザーを合わせて墨を打てば良いので
時間は掛からないし、楽であるから。

 

別に

1m返りで問題ない場合も多々あるのだが、
サッシやタイルが近くにある場合は、

「次からは、ここにも出してくれ」

とお願いするようになることもしばしば。

 

なぜなら

実際にサッシなどのチェックをする場合に、
もう一度出し直さないといけない場合が多いから。

墨出しを専門にやっている人は、

「何をチェックするために自分は墨を出しているのか?」

を意識している人が多いので、

 

サッシやタイルなどがチェックしやすい場所。
スケールで簡単に手が届く範囲以内に墨を出してくれる。

 

しかし

「次に仕事をする誰か」をイメージしていない人は、
どうしても「自分が楽」な所へ墨を出したがるのである。

 

それは

人間の心理としては当然なので、あなたが特別に指示をしないと、
後であなたが苦労する結果が待ち受けているのである。

 

だから

何事にも共通して言えるのは、「次を読む」と言うことの大切さ。
そして、「今日より明日の方が忙しい」から、嫌なことを先延ばしに
しないことであると私は感じるよ。

 

もしも

あなたが、今現在仕上げの墨をチェックするという
立場になかったとしても、現場を見渡して仕上げ墨をみると、
あなたの現場で働く職員や作業員さんの「意識レベル」を
垣間見ることが出来るよ。

 

つまり

仕上げの墨出しを任せたた場合に妥協してはいけないポイントとは、
出しやすいポイントに墨を出すのではなくて、
実際にチェックがしやすい場所に仕上げの墨を出すことが重要。

 

その為には

仕上げの墨出しをイメージして、躯体の墨出しの時に「地墨」を
出しておけば、かなり段取りの良い現場になることは間違いないよ。

↓  ↓  ↓

 

あっ

あなたがレーザー墨出し器に興味があるなら
こちらの記事も確認してみてはいかがでしょうか。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 山留め工事において切梁工法を採用する場合はどんな時?

  2. 溶接継手と機械式継ぎ手のメリットとデメリットとは?

  3. 自立式山留め工法の特徴と注意すべきポイントとは?

  4. 鉄筋の加工で熱曲げ加工やアーク溶接をしてはイケない理由とは?(1)

  5. 施工計画書の裏側5!使用材料が違うと全てやり直しの悲劇

  6. 建設工事計画届の安全衛生管理計画で記載すべき内容とは?

  7. 構造図の配筋は見上げか?見下げか? 躯体図との違いとは?

  8. ロングスパンエレベーターに関する私が目撃した危険な情景とは?

  9. 埋め戻し時に余盛という概念があるということを知っているか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

    2018.10.05

  2. 溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

    2018.10.03

  3. 鉄筋の有害な曲がりの定義と、現場で起こりがちな場面と、私の主張

    2018.10.01

  4. 非耐力壁の代表格であるW15がチドリ配筋である理由とは?

    2018.09.26

  5. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (285)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー