会社で部下が思い通りに働かないとお悩みのあなたに伝えたい2つの事

Sponsored Links

 

現場所長は会社で言うと社長である。

10億の現場を1年でこなす現場の所長であれば
文字通り「年商10億の社長」になってしまうのだ。

 

だけど

期待通りの年商と利益を上げる社長になるためには
部下が期待通りに働いてくれることは不可欠。

 

  • 役所の人のようにノロノロ働く姿
  • 同じ事を何度言っても同じ失敗を繰り返す姿
  • 縦割り行政の様に自分の周りの環境に全く興味を示さない姿
  • 隣りにいてもメールやラインで全て報告してくる姿
  • 社内外の人間とのコミュニケーション能力のない姿

このような部下の姿を見ていてガッカリすることは無いかな?

 

私がこのブログを書き始めたキッカケも
実は、同じような心境からなのだ。

 

でも

「上司であるあなたの能力に問題が有るのでは?」

と考えることも出来るよね。私は悪くない。悪いのは部下だけ。
という都合の良い考え方をする人も世の中にはいるけど、
タイトルに興味を惹かれてココまで読んでいるあなたは、
少なくても真っ当な考え方の持ち主であると私は感じている。

 

だから

真っ当な考え方であるからこそ「悩む」のだ。

 

だけど

ここで1つだけ言っておきたいのは

「部下が思い通りに働かないのはあなたの性格のせいではない」

もっともっと違う要素があなたの部下を思い通りに
働かせるためには必要であるという「秘密」が存在する。

 

その「秘密」とは

「魅力的なビジョンを設定する力」と「強い説得力」。

これは、このビジネスリーダーに限ったことではない。
この2つのスキルがマイケル・マスターソンが発見した
優れた所長(社長・リーダー)がもつ共通点でである。

 

更に

あなたが所長(社長・リーダー)に対して感じている感情には
たくさんの「誤解」があるのを知っているだろうか?

 

例えば

  • なぜ、所長(社長・リーダー)は、従業員の幸福を考えてはいけないか?
  • なぜ、会議は9人以上でやってはいけないか?
  • なぜ、所長(社長・リーダー)は中間管理職と違って、ロジカルに意思決定をしてはいけないか?(これこそが、経営者と中間管理職とを分ける決定的な違いである)
  • なぜ、ビジネスアイデアを実行に移す時に、従業員の合意を得てはいけないか?
  • なぜ、成功している所長(社長・リーダー)は、アイデアを生み出すことよりも、アイデアの実行のフォローに何倍も時間を掛けているいるか?
  • なぜ、所長(社長・リーダー)はビジネス雑誌を読んではいけないか?

 

もしも

あなたが1つでも「えっ」と感じたのであればもっともっと
所長(社長・リーダー)の資質について知る必要があると感じる。

今まで無かった「コロンブスの卵」的な発想を手に入れることで
部下が機能しない憂鬱な毎日から抜け出せるかも知れないね。

 

つまり

もしあなたが部下をハイパフォーマーにしたいなら
「魅力的なビジョンを設定する力」と「強い説得力」の2つだけ意識しよう。

そして、もしあなたが社長の仕事術の本やリーダーシップの本を
他に読んでいないなら、次のことだけを理解すればいい。

説得する技術を身につけ、魅力的な目標を定めることができれば、
部下を自分のために働かせるのに必要な全てを手にすることができると。

 

では

具体的にどうすれば良いか?についてはこちらを確認しよう。

↓  ↓  ↓

社員を動かす社長のカリスマ仕事術(ダイレクト出版)

 

ちなみに

先程紹介したダイレクト出版が怪しいと感じた人は
こちらの方が書いた記事を呼んでみよう。

↓  ↓  ↓

ダイレクト出版とは?

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 部下にトラブル発生!その時あなたはどうする?

  2. 現場代理人でやっていくには失敗を多くして欲しい3つの理由とは?

  3. 風通しの良い職場環境の作り方の秘訣とは?

  4. 部下への教え方がわからない人必見!3つのコツを伝授

  5. 部下の理解度を想像する【言葉尻を捕まえろ】

  6. 大所長から教わった圧倒的に他人を納得させる秘訣とは?

  7. 部下教育で9割の人が犯す間違い【アドラー心理学の課題の分離】

  8. 部下に仕事を任せる事が心配でたまらないあなたへ

  9. 部下に教育するのに目線をどれだけ落とせるか?それが問題だ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. スラブ配筋の屋上部の出隅・入隅補強で入れ忘れの多いポイントとは?

    2020.03.23

  2. スラブ段差の配筋等に関する設計者と現場と作業員の攻防とは?

    2020.03.18

  3. 鉄筋屋VS設備屋!?スラブ筋とスリーブを巡るそれぞれの言い訳とは?

    2020.03.16

  4. バルコニーの避難ハッチの開口補強で気を付けるべきポイントとは?

    2020.03.13

  5. スラブ筋の開口補強はどのサイズまで凡例が適用出来るのか?

    2020.03.11

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ