コンクリートに空気を混ぜることによって得られるメリットとは?

Sponsored Links

 

空気は地球上に腐るほどあります。当然何かの物質に満たされていない部分
というのは空気が補完しているという状況なのが地球なのです。

 

ちなみに

最初から思いっきり脱線しますが、

あなたは「真空」という状態って違和感なく受け入れることが出来ますか?

私は、いまだに違和感があります。空間はあるのに「そこには何もない」
何もないと言われても「空間というスペース」は存在する。でも
何かがないと空間というものが成立しないのでは?と考えてしまい
宇宙空間などがすんなり頭の中で納得できていないのです。

もしも、私にアドバイスや参考になるものがあればコメント欄などに
書いていただければ非常に嬉しいです。

 

では

改めて本題に戻っていきます。空気量というのは実はコンクリートの性状に
大きな変化を与えていたのです。

 

実は

私は今回の記事を書くまで、空気量について深く考えていませんでした。
コンクリートは様々な材料を「練り混ぜて」製造するのでその過程で
空気も当然のように混ざっていると考えていたからです。

 

しかも

空気量が増えることで○○が良くなるとか、減ることで○○に影響が出る
という効果があるなんて想像していませんでした。
でも、あなたが料理や理科が得意であれば想像できるかもしれませんね。

 

まず

空気量が増えることのメリットは「ワーカビリティーが良くなる」という事です。
お菓子をつくるときに「ふわっ」とさせるために空気を多く入るように混ぜる
なんてことありますよね。それと同じ原理かと考えています。

その「ふわっと感」は6%を超えてもそれ以上効果がないという事で
上限値が決まっているのです。

 

次に

空気量が減ることのデメリットは凍結融解に対する抵抗性がなくなる。
ということなのですが、私も理解できていない部分があります。
凍結融解時は水分の体積の変化が変化するための吸収代としての
空気の部分がなくなるのでしょうか?

今回は、解決できていないことがあったので記事をボツにしようかと
考えましたが、たまにはそう言う事もあるということで敢えて載せました。

 

最後に

建築工事監理指針(令和元年版上巻) [ 国土交通省大臣官房官庁営繕部 ]
の該当部分を確認して下さい。

P.390

(a) 「標仕」では、荷卸し地点における空気量は、4.5%と規定されている。

AE剤、AE減水剤、高性能AE減水剤を用いて、コンクリート中に微細な空気泡を連行すると、連行空気量にほぼ比例して所定のスランプを得るのに必要な単位水量を低減でき、ワーカビリティーが改善されるとともに、凍結融解作用に対する抵抗性が増大する。しかし、空気量が6%以上になるとそれ以上空気量を増やしてもフレッシュコンクリートの品質は改善されなくなり、空気量が 3%未満では凍結融解作用に対する抵抗性の改善に対する効果が少ない。

このため空気量の確認時期・地点を荷卸し地点とし、その時のコンクリートの空気量を4.5% としている。

 

つまり

コンクリートに空気を混ぜることによって得られるメリットとは、
所定のスランプを得るのに必要な単位水量を低減できて、かつ
ワーカビリティーが改善される効果があります。更に、
凍結融解作用に対する抵抗性が増大する効果もあります。

空気という何でもない存在でも計画的に使用する事で性能を
向上させる効果があるなんて不思議なものだと感じた今回でした。

 

さて

あなたは今「空気」の様な存在で、上司に対して意見を言えていない。
という状況ではありませんか?上司に意見するときは勇気が必要です。
更に、こちらの知識を入れておけば、上司に意見を伝えやすくなる
可能性もあるので、ぜひ読んでみて下さいね。

↓ ↓ ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 埋め戻しの工程写真において特に注意しなければいけない事とは?

  2. 地下水位が床付け深さより高い地盤の掘削時の注意ポイントとは?

  3. 移動式クレーンのアウトリガーをセットしたら必ず確認して欲しいこと

  4. 鉄筋の溶接継手(エンクローズ溶接)とは?どんな特徴・種類がある?

  5. ガス圧接施工計画書の本音と裏側(2)

  6. 基礎のベース筋のかぶり厚さを杭頭から確保すべき理由とは?

  7. 杭基礎の底辺のかぶり厚さはいくつ?どこから測定するの?

  8. 雨天時は何故ガス圧接作業が中止になるのか?天候との意外な関係

  9. 建築現場の仮囲いに貼っておくべき7+3の内容とは?(1)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. コンクリートの外力からの養生は必要!打設後1日目は何が出来るの…

    2020.11.30

  2. コンクリートの湿潤養生は散水だけでなく型枠の脱型にも影響する?

    2020.11.27

  3. コンクリート打設は一発勝負!床仕上げで失敗しない5つのコツとは?

    2020.11.25

  4. コンクリート打設のバイブレーター(棒型振動機)に関する5+1の…

    2020.11.20

  5. コンクリートの水平・垂直打継に関する11の基本的な知識とは?(…

    2020.11.18

  1. 一級建築士の資格勉強を始める時期はいつからか?という悩み

    2020.08.07

  2. 在宅勤務になり建築現場に配属されない時の学習方法は?という悩み

    2020.04.20

  3. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  4. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  5. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ