建築現場の監督(施工管理)とはどのような仕事内容なのか?

Sponsored Links

 

建築現場の監督とはどういう仕事内容なのか?

 

文字とおり「現場」を「監督」するのだが
何を、どのように「監督」するのかは
私も会社に入るまで全然分からなかった。

 

そもそも

私が会社に入社した職種は「施工管理」
(つまり、「現場監督」のこと)なのだが、

自分の目の前で
ドンドン建物が出来ていったら
面白いだろうな~。

と考えて入社しただけ。

 

もう1つ理由を付け加えるとすれば
大学のゼミが構造系だったんだけど

「構造設計」は、狭き門だったので

最初から諦めてしまっていただけなのだ。

何とも「意気地なし」だったよ。

 

大学生~入社したての頃は
今思うと、自分に全然自身が無かった。
だから、リスクの少ない選択をしたのだと
今になって感じる。

 

でも

就職が決まった後に、「施工管理」の仕事が
どのようなものなのか?

なんて、熱心に調べたことなどない。

 

もしも

この記事を読んでくれているあなたが
「大学生」などの学生で、就職のために
「施工管理」について調べているとしたら

既に、私を超えているはず。

その勉強熱心さは非常に素晴らしいし
実際に、現場監督(施工管理)の仕事についても
十分にやっていける素質がある。

なぜかは、今後記事にしていくね。

 

さて

本題ですが

建築現場の監督の仕事は大きく分けて
「現場での仕事」と「事務所での仕事」がある。

 

「現場での仕事」

  • 朝礼
  • 安全管理(怪我をするような危ない所はないか)
  • 品質管理(図面通りにできているか)
  • 工程管理(予定通りに進んでいるか)
  • 職人さんへの指示
  • 測量・墨出し
  • 工事写真の撮影
  • 現場の片付け・清掃
  • 職人さんの段取り・打合せ
  • 戸締まり

などなど

 

「事務所での仕事」

  • 安全管理(安全計画・書類の作成)
  • 品質管理(作るための計画・出来たもの記録)
  • 工程管理(工程表の作成)
  • 原価管理(請求書の処理、儲かるかどうかの作戦)
  • 事務所の掃除
  • 図面のチェック
  • いろんな数量を計算する
  • お客さんへの様々な対応
  • 近隣さんの対応
  • 社内への書類などの対応
  • 工事写真の整理
  • 職人さんの手配、打合せ

などなど

 

他にもいっぱいあるけど取り敢えずこんな感じ。
中には、意味の分からないもあると感じるけど
まだ、全て分かっていなくても良いよ。

後々、解説していく。

 

また

今、項目に上げた仕事内容については
会社の規模によって、現場監督でなく
協力業者さんが行っていることもある。

 

きっと

地元の小さな会社の現場監督さんが
一番やっている仕事内容の種類が多いと感じるよ。

スーパーゼネコンクラスになると
自ら行う仕事って少なくなる。

 

でも

私が非常に強く感じていることは

「必ず1度は経験したほうが良い」

 

なぜなら

自分で汗水たらして、「経験」したことは
メチャメチャ覚えているし、忘れないから。

 

つまり

建築現場の監督の仕事内容は
大きく分けて「現場での仕事」と「事務所での仕事」がある。
細かな内容はいっぱいあるけど、
実際は、会社の規模によって内容が異なる部分があること。

 

更に

何事も「必ず1度は経験したほうが良い」ということ。

 

あっ、記事も増えてきたので
まず、こちらをまず確認してね。

↓  ↓  ↓

総合目次

  • コメント: 0
Sponsored Links


banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 現場監督の仕事内容【作業終了時の5つのチェックポイント】

  2. 入社してから同期社員と経験で差をつけられ不安だ!という悩み

  3. 建築現場の9割の現場監督が感じるモチベーションの秘密とは?

  4. 建築現場の現場監督の仕事内容が「きつい」3つの理由とは?

  5. 建設会社入社までに準備しておく知識や技能は何ですか?という悩み

  6. 建築現場は忙しい!いつの時期が忙しさのピークなのか?

  7. 建築現場は週休2日制!?会社の募集要項に記されていたのは本当か?

  8. 中途入社で1年目だと専門用語や業界の常識が分からないという悩み

  9. 現場監督の仕事内容【ラジオ体操は音楽無しでも出来るのか?】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 異形鉄筋の公称直径・公称断面積・最外径と並んで重要な○◯とは?

    2017.11.03

  2. 鉄筋を現地で判断する最終材料、ロールマークと表示色とは?

    2017.11.01

  3. 高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは?

    2017.10.30

  4. 中途入社で1年目だと専門用語や業界の常識が分からないという悩み

    2017.10.27

  5. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

    2017.10.25

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー