建築現場に台風が接近する予報が出たら何の養生をすべきか?(4)

Sponsored Links

 

前回の続きから早速始めるよ。

今回が最終回。

 

9つ目は

躯体階や外回りの飛散物の点検を行うこと。

その時に注意すべきは、面で風を受けそうなコンパネや
スタイロフォームのようなものを優先的に養生しよう。
鉄筋や単管パイプは養生しなくても飛んで行く可能性は低い。

 

更に

産廃ボックスなども中に飛びそうなゴミが多くある場合は、
養生する対象になるけど、1番良いのはゴミは回収してもらうことだよ。

 

そして

養生するのに1番簡単で効果のある方法は
「ネット」を上からバサッと掛けて養生することである。
だから、台風が来る前には多めにネットを段取りしておけば、

「あれも養生しておいたほうが良いかも?」

と、ふと気になった材料も養生できるから本当に便利だよ。

 

 

10こ目は

型枠がスラブを張った状態で台風を迎えるなら、
鉄筋や単管パイプで重しをしておかないと、
スラブの下から吹き上げた風で、コンパネが飛散したり、
支保工がずれてスラブ自体が崩壊する恐れがある。

 

更に

重しをのせただけより、下階のスラブにアンカーを打って、
チェーンで引っ張っておくと、より安心だよね。

 

 

最後に

常駐しているクローラークレーンやタワークレーンや
ロングスパンエレベーターの養生もしっかりと行おう。

 

クローラークレーンは、ブームを必ず倒しておくこと。

タワークレーンは、台風の強さによってメーカーと打ち合わせの中
旋回をフリーにするか?ジブを目一杯寝かせて置くか?
どちらかの方法を取ること。

ロングスパンエレベーターなどは1階に接地して使用禁止にすればOK。
だけど、前養生に近隣の関係上でネットではなくて、メッシュシートなどを
張っている現場は、シートを剥ぐか?躯体や足場から補強を取ることを
忘れないようにしようね。

 

 

つまり

建築現場の近くに台風が接近する予報が出たら

  • 足場の壁つなぎの確認
  • 足場のメッシュシートをしぼる(最低限壁つなぎまで)
  • メッシュシートを絞った所の足場上の物を撤去
  • 同上箇所の布板を番線で結束(最低限、爪が掛かっていない布板)
  • 安全看板類・安全旗などの撤去
  • 仮囲いの控えの確認と必要なら何枚かおきに万能板を剥がす
  • ゲートは開けたままにしてネット養生
  • 下屋や現場事務所の屋根のネット養生
  • 躯体階および外回りの飛散物の養生
  • 型枠のスラブなどは重しを載せて養生
  • 常駐しているクレーンなどの養生

などなど他にもあるけど、取り敢えずこの辺りは抑えておこう。

 

そして

事前準備として取り敢えず頼んでおくべきものは
「ネット」と「親綱」この2つがしっかりと準備されていたら
急に何か対応しようとしてもなんとかなるからね。

 

更に

風って実はかなりの荷重がかかっているよ。
どんな影響で風荷重が変化するかというのは
こちらの記事が参考になるよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 労災事故で現場がストップ!再開のカギを握る3+1の部署とは?

  2. 現場の労災事故にも立ちはだかる個人情報保護法の壁とは?

  3. 警察と労働基準監督署はどちらが偉いのか?

  4. クレーンやユニックのトラブルは事故報告書に該当するか確認すべき

  5. 建築現場に台風が接近する予報が出たら何の養生をすべきか?(2)

  6. 【明日は我が身】現場で火災を防ぐ誰でも出来る3つのステップとは?(1)

  7. 建築現場で前科一犯の犯罪者になるという最悪の事態とは?

  8. 【明日は我が身】現場で火災を防ぐ誰でも出来る3つのステップとは?(2)

  9. 現場での事故発生時における人員配置の5つの原則とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. スラブ配筋の屋上部の出隅・入隅補強で入れ忘れの多いポイントとは?

    2020.03.23

  2. スラブ段差の配筋等に関する設計者と現場と作業員の攻防とは?

    2020.03.18

  3. 鉄筋屋VS設備屋!?スラブ筋とスリーブを巡るそれぞれの言い訳とは?

    2020.03.16

  4. バルコニーの避難ハッチの開口補強で気を付けるべきポイントとは?

    2020.03.13

  5. スラブ筋の開口補強はどのサイズまで凡例が適用出来るのか?

    2020.03.11

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ