鉄筋工事

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 工種別の管理ポイント
    • 加工・組立(鉄筋)

    鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

    「ここ結束が乱れているけど、そもそも結束ってする必要あるの?」数年前に社内の品質パトロール時に来た人からふと聞かれた…

    • 工種別の管理ポイント
    • 加工・組立(鉄筋)

    溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

    フープ筋(帯筋)やスタラップ(あばら筋)などロの字型の形状をしているものは両端部を135°フックとして隅部の主筋に引っ…

    • 工種別の管理ポイント
    • 加工・組立(鉄筋)

    鉄筋の有害な曲がりの定義と、現場で起こりがちな場面と、私の主張

    鉄筋をむやみに曲げてはいけません!と言われると「そんなこと言われなくても分かっているよ!」と9割以上の人は答えたくな…

    • 工種別の管理ポイント
    • 加工・組立(鉄筋)

    非耐力壁の代表格であるW15がチドリ配筋である理由とは?

    前回はスラブの厚さについてお伝えしました。そこで、今回は壁の厚さについてお伝えしていきましょう。まずスラブの厚さにつ…

    • 工種別の管理ポイント
    • 加工・組立(鉄筋)スラブ

    在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    在来スラブの厚さが120mmだと「何だか気持ち悪い」と感じるのは私だけでしょうか?これは私の経験上の感覚なのであなたは…

    • 工種別の管理ポイント
    • 基礎・地中梁加工・組立(鉄筋)

    地中梁の打ち増し部の鉄筋の端部は定着する必要があるのか?

    「この梁のふかし筋は柱に定着していないけどダメじゃないのか?」と、現場をふらっと見に来ていた関係者の人に言われたこと…

    • 工種別の管理ポイント
    • 加工・組立(鉄筋)

    隅柱や側柱において3次元的に考えるべき納まりとは?

    隅柱や側柱において3次元的に考えるべき納まりと言われてもあなたはピンと来ないかも知れませんね。そこで今回は、まず「鉄…

    • 工種別の管理ポイント
    • 加工・組立(鉄筋)

    柱と梁が同面でも勝手に配筋をしてはイケない理由とは?

    外観デザインの都合上などで柱と梁が同面であるという場面は比較的多くの場面で見られます。特に建物の外壁ラインから敷地境…

    • 工種別の管理ポイント
    • 加工・組立(鉄筋)

    柱・梁の断面算定の考え方と鉄筋の納まりの実態との差とは?(3)

    前々回では、設計時に設定した柱・梁の幅が現場の諸条件においてその通りにいかない場合があること。前回では、梁配筋の配筋…

    • 工種別の管理ポイント
    • 加工・組立(鉄筋)

    柱・梁の断面算定の考え方と鉄筋の納まりの実態との差とは?(2)

    前回は、設計時に設定した柱・梁の幅が現場の諸条件においてその通りにいかない場合があることをお伝えしました。今回は、前…

    • 工種別の管理ポイント
    • 加工・組立(鉄筋)

    柱・梁の断面算定の考え方と鉄筋の納まりの実態との差とは?(1)

    柱や梁を始め全ての構造部材は構造計算によって成り立っているが、端部などの納まりをよく検討しないと「絵にかいた餅」にな…

    • 2018年
    • 加工・組立(鉄筋)

    鉄筋の配筋詳細図を3Dでしかも無料で作成したいという欲張りな悩み

    鉄筋に関する記事を書いているとどうしても1つの疑念が浮かんできます。それは「文字と簡単な図で果たして理解できているの…

    • 工種別の管理ポイント
    • 加工・組立(鉄筋)

    鉄筋継手の工法が鉄筋のあき寸法の最小値に及ぼす影響とは?

    鉄筋のあきの寸法の最小値をおさらいすると以下によって決まります。・呼び名の数値の1.5 倍・粗骨材最大寸法の1.25 倍・25mm…

    • 工種別の管理ポイント
    • 加工・組立(鉄筋)

    鉄筋のあきの最小値にコンクリート粗骨材寸法が基準にある理由とは?

    鉄筋のあきの寸法の最小値をおさらいすると以下によって決まります。 呼び名の数値の1.5 倍 粗骨材最大寸法の1.25 倍 25mm…

    • 工種別の管理ポイント
    • 加工・組立(鉄筋)

    「鉄筋のあき」と「鉄筋間隔」の違いを明確に答えることが出来るか?

    「このようなトラブルを回避するために必要な鉄筋間隔はいくつか?」と私は過去に受けた社内研修で答えることが出来なかった…

    • 工種別の管理ポイント
    • 加工・組立(鉄筋)スラブ

    誘発目地と鉄筋の位置関係で生じるかぶり厚さ不足とは?

    スラブの配筋写真を確認していた先輩が「この写真は使えないから外そう!」とおもむろに言われてしまいました。せっかく撮影…

    • 工種別の管理ポイント
    • 加工・組立(鉄筋)

    主筋のかぶり厚さを一定以上取らないと起こる耐力低下とは?

    鉄筋のかぶり厚さの確保が鉄筋の品質管理上とても重要である。ということは以前までの記事で何度もお伝えしてきました。だけ…

    • 工種別の管理ポイント
    • 加工・組立(鉄筋)

    鉄筋の位置がズレたときに台直しをしても良い場合の条件とは?

    「監督さん、柱かぶり無いけど型枠は納まるからもう建てるよ~!」「え~!ちょっと待ってよ!」「待てないよ!次のコンクリ…

    • 工種別の管理ポイント
    • 加工・組立(鉄筋)

    鉄筋コンクリートに優しくない用途とかぶり厚さの考え方について

    世の中には様々な種類の建物があります。当然、1つ1つの用途も様々なのです。その様々な用途の建物の中には、鉄筋コンクリー…

    • 工種別の管理ポイント
    • 基礎・地中梁加工・組立(鉄筋)

    基礎のベース筋のかぶり厚さを杭頭から確保すべき理由とは?

    鉄筋のかぶり厚さというのは一般的には外部面からの距離をとるが唯一といってよいほど例外的なのは基礎のベース筋のかぶり厚…

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

    2018.10.05

  2. 溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

    2018.10.03

  3. 鉄筋の有害な曲がりの定義と、現場で起こりがちな場面と、私の主張

    2018.10.01

  4. 非耐力壁の代表格であるW15がチドリ配筋である理由とは?

    2018.09.26

  5. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (285)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー