並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 工種別の管理ポイント

    梁筋のあばら筋(スタラップ)のキャップタイの落とし穴とは?

    一般階でこれをしてしまう作業員さんはまだまだ知識が足りない初心者です。だけど意外と地中梁の場合は、現場監督でさえも正…

    • 工種別の管理ポイント

    あばら筋の配筋に見られる基本の「キ」の欠落事例とは?

    鉄筋屋さんって放っておいても図面を理解して正確に鉄筋を組んでくれるはず。だって、「プロフェッショナルだから」とあなた…

    • 工種別の管理ポイント

    梁主筋の継手を端部に設けてはイケない理由とは?

    梁の主筋の継手位置は継手の方法がガス圧接や重ね継手の場合は、大抵スパンの1/4の位置付近です。なぜなら梁のスパンの1/4付…

    • 工種別の管理ポイント

    連続梁筋の柱内定着をアンカー納まりにする3つデメリットとは?

    連続する梁については基本的には柱内に定着せずに「通し筋」にすることが多いです。別に通し筋にせずに、アンカーで納めても…

    • 工種別の管理ポイント

    ハンチ付き梁のハンチ部分の定着が一般梁と異なる理由とは?

    あなたはハンチ付きの梁が図面にあったらどう感じますか?「あ~~、この設計者面倒くさい物を入れやがった!!」と感じるの…

    • 工種別の管理ポイント

    梁の下端筋の端部の定着が曲げ下げでなく原則曲げ上げの理由とは?

    梁の主筋の端部は柱の向こう側に同様の梁がない限りは柱内へアンカー定着となります。しかもアンカー定着の基本としては、梁…

    • 工種別の管理ポイント

    梁主筋の納まりでアンカーが密集している場合に確認すべき事は?

    建物の隅の柱や柱や梁の寸法が違うものが取り付く部分などは、他の部分に比べて梁筋がアンカー納まりとなっている可能性が高…

    • 工種別の管理ポイント

    梁筋のカットオフ位置は、なぜ下端筋の方が5d長いのか?

    梁のカットオフ筋ってイメージついていますか?不安なあなたはこちらの記事をご確認下さい。もしかすると、「読んでおいて良…

    • 工種別の管理ポイント

    梁筋のカットオフ筋で後悔しない為に確認すべきたった1つのこと

    梁筋のカットオフ筋と言うのは、両端もしくは中央部の下主筋について取り合う他の部分よりも本数の多い鉄筋を指します。具体…

    • 工種別の管理ポイント
    • 基礎・地中梁加工・組立(鉄筋)

    腹筋の継手長さ不足と鉄筋屋さんに文句を言う前に確認すべき事とは?

    「何でここの継手長さ40d取ってないん?」「腹筋はこれで良いはずですよ…」「えっ?そうなん?」「はい!この前某スーパーゼ…

    • 工種別の管理ポイント
    • 加工・組立(鉄筋)

    最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    「長かった躯体工事も次でいよいよ最上階、やっと先が見えてきた~!」と安心している場合ではありません。実は最上階の躯体…

    • 工種別の管理ポイント
    • 加工・組立(鉄筋)

    定着長さが配筋検査時の直すのが非常に困難な指摘事項の1つ!?

    工事監理者さんの配筋検査時に「ここ、定着長さが足りてないから是正お願いします」と言われて「えっ!?今さら言われても無…

    • 工種別の管理ポイント
    • 基礎・地中梁加工・組立(鉄筋)

    梁の主筋の定着はただ直線で必要長さが確保できていれば良いのか?

    梁の主筋は柱などに定着する場合には一定の長さが必要です。しかし梁の定着に関して他には制約はないのでしょうか?実は梁の…

    • 工種別の管理ポイント
    • 基礎・地中梁加工・組立(鉄筋)

    鉄筋の定着長さの数値を是非とも覚えておくべき理由とは?

    現場で配筋されたスラブ上をあるいている時などに「あれ?下の階と何か違う!?」っと感じることがあります。それが鉄筋の定…

    • 工種別の管理ポイント
    • 加工・組立(鉄筋)

    柱と梁が同面でも勝手に配筋をしてはイケない理由とは?

    外観デザインの都合上などで柱と梁が同面であるという場面は比較的多くの場面で見られます。特に建物の外壁ラインから敷地境…

    • 工種別の管理ポイント
    • 加工・組立(鉄筋)

    柱・梁の断面算定の考え方と鉄筋の納まりの実態との差とは?(3)

    前々回では、設計時に設定した柱・梁の幅が現場の諸条件においてその通りにいかない場合があること。前回では、梁配筋の配筋…

    • 工種別の管理ポイント
    • 加工・組立(鉄筋)

    柱・梁の断面算定の考え方と鉄筋の納まりの実態との差とは?(2)

    前回は、設計時に設定した柱・梁の幅が現場の諸条件においてその通りにいかない場合があることをお伝えしました。今回は、前…

    • 工種別の管理ポイント
    • 加工・組立(鉄筋)

    柱・梁の断面算定の考え方と鉄筋の納まりの実態との差とは?(1)

    柱や梁を始め全ての構造部材は構造計算によって成り立っているが、端部などの納まりをよく検討しないと「絵にかいた餅」にな…

    • 工種別の管理ポイント
    • 加工・組立(鉄筋)

    主筋のかぶり厚さを一定以上取らないと起こる耐力低下とは?

    鉄筋のかぶり厚さの確保が鉄筋の品質管理上とても重要である。ということは以前までの記事で何度もお伝えしてきました。だけ…

    • 工種別の管理ポイント
    • 加工・組立(鉄筋)

    高強度せん断補強筋の加工間違いは現場で直す事が出来るか?

    誰でも間違いはある!当然私にも…。という事で、今回は高強度せん断補強筋の加工間違いの場合の対処方法についてお伝えする。…

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 梁筋のあばら筋(スタラップ)のキャップタイの落とし穴とは?

    2020.01.27

  2. あばら筋の配筋に見られる基本の「キ」の欠落事例とは?

    2020.01.24

  3. 梁主筋の継手を端部に設けてはイケない理由とは?

    2020.01.22

  4. 連続梁筋の柱内定着をアンカー納まりにする3つデメリットとは?

    2020.01.20

  5. ハンチ付き梁のハンチ部分の定着が一般梁と異なる理由とは?

    2020.01.17

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (334)
  • コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (9)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ